設定6が入りやすい機種と入りにくい機種

スポンサーリンク
雑談
スポンサーリンク

パチスロで勝つ大道は高設定を積る事です。

旧イベント日に朝から攻めて、高設定を長時間打つというのが収支を上げるために大事な事ですね。

そこで、基本的に設定4以上になると機械割が100%を超えるので勝つ事が可能です。

ただ、やはり設定6を打つ事が一番収支を上げるポイントなので今回は設定6が入りやすい機種と入りにくい機種についてお話します。

 

設定6を入れる理由

まず、パチンコ店がなぜ設定6を入れるのかについてお話します。

正直、本来であれば設定6なんて入れたくないと思います。設定6は機械割が110%を超える機種が多く勝率も90%前後あります。つまり、設定6を入れる=お店の赤字になるわけですから、できれば入れたくないですよね。

私が店長でも出来る限り設定6を入れたくないです。しかし、設定6を求めているユーザーが多いのも事実であり、設定6がまったくないホールは次第に客足が遠のきます。

設定6を入れる理由

出玉アピール

設定6が入ってる事をアピール

設定6を入れる理由としては上記の2つあります。

まず、出玉アピールですね。設定6は一番出玉率が高いので十分出玉をアピールできます。つまり、出しているホールという事をお客さんに認識させることができますね。

出玉が良いホールは、自然と稼働率が高くなります。

しかし、出玉アピールをしたい場合は、設定4か5でも十分できます。設定6を1台入れるよりも設定5を2台入れた方がもしかしたら出玉率を上げるかもしれません。少しでも多くのお客さんに勝てる意味では、4を3台や5を2台の方がいいですからね。

 

そこで重要なのが次の理由で「設定6が入ってるお店だとアピールするため」です。

ユーザーは、設定6が打ちたい気持ちが強いです。つまり、設定6が期待できるお店に行く人が多いですね。旧イベント日で多くの人が並ぶのは、やはり設定6が打ちたい気持ちが強いからです。

 

今は、多くの機種で設定6確定演出があります。まったく設定6確定演出がでなかった場合は、この店は設定6がないという認識がお客さんに植え付けられて次第に他のお店に行ってしまいます。それではまずいので、設定6がある事をアピールして、期待させながら営業していきます。つまり、多くのお客さんを呼び込むための道具ですね。

 

設定6が入りやすい機種

設定6が入りやすい機種

バラエティでない

稼働率が良い

設定6確定演出がある

この3つに当てはまるのが狙い目です。

○バラエティでない

まず、大事なのは大事に扱っている機種、これから稼働が維持できる機種だという事です。設定6を入れる事は、その台を今後打ってほしいという気持ちもあります。さらに、育てたいという狙いもありますね。

バラエティは、正直稼働がなくなった機種の集まりです。いつ撤去するのか分からない機種ばかりなので育てる必要もなく設定6などほぼないです。

 

そこで、狙うはメイン機種ですね。メイン機種はホールにとって大事であり今後稼働率を上げる必要があります。つまり、稼働率を上げるために設定6を入れてアピールします。また5台島や10台島などメイン機種ではないけど、それなりの稼働がほしい場合も設定6が入る可能性があります。

設定6を狙うのであれば、少なくとも5台以上設置してある機種です。

○稼働率が良い

これも大事です。

稼働率が良いという事は、設定6を入れても余裕で回収できます。つまり、利益を確保しながら運用できます。しかし、稼働率が低いと設定6で出されると回収するのが困難ですね。

設定6を入れて稼働率が上がればいいですが、通常時の稼働がなかなか上がらない機種は設定6を入れにくい状況になります。よって、稼働率も重要なポイントです。

○設定6確定演出がある

これもかなり大事です。

設定6を入れるのは、設定6をアピールするためです。もし、設定6確定演出がなければ設定6だと分かってくれない可能性があります。

しかし、設定6確定演出があれば出ようが出まいが設定6を上手くアピールできますね。設定6確定演出がある機種と狙います。

 

このように、できれば上記の3つがすべて当てはまる機種を狙います。

今の機種ラインナップだと

バジリスク絆2

リゼロ

番長鏡

まどかマギカ(6号機)

クレア

以上のような機種ですね。今後は、6号機に設定6が入る事が多くなります。

 

設定6が入りにくい機種

設定6が入りにくい機種

アイムジャグラー・スーパーミラクルジャグラー

旧基準機

稼働がない・設定6確定演出がない

次に、設定6が入りにくい機種ですね。

○アイムジャグラー・スーパーミラクルジャグラー まず、この2機種のジャグラーです。

まず、アイムジャグラーは設定5と設定6の違いはBIG確率とブドウだけですね。
REG確率は同じですが、設定5の方がBIG確率が少しだけ低いです。
アイムジャグラーは、REGをメインに立ち回っている人が多くREGを多くつけたいホール側の気持ちがあります。それなら設定5で十分という事ですね。

実際、設定5の方がREGに偏りやすいです。
アイムジャグラーの高設定はほとんどが設定5ですね。

次にスーパーミラクルジャグラーは、設定6よりも設定5の方がREG確率が高いです。こちらもアイムと同じで、REGを多くつけたいために設定6ではなくて設定5の方が多い印象ですね。
また、スーパーミラクルジャグラーはメイン機種でない事が多いので、設定6があまり期待できないです。

ジャグラーで打ってはいけない機種は?このジャグラーだけは注意しよう
今回は、ジャグラーの中で打つのをおすすめしない機種についてお話します。 ジャグラーは、ホールのメイン機種ですね。打ち方も簡単で通常時に左リールにバー図柄を狙うだけで、さらにゴーゴーランプが光ればボーナス確定というシンプルなゲーム制です...

○旧基準機

次に、旧基準機は設定6が入りにくいです。
今だと、サラリーマン番長や黄門ちゃま渇、沖ドキなどですね。
ミリオンゴット凱旋もあります。

旧基準機は、かなり撤去されていますが上記の機種も今年段階的に撤去されます。
つまり、稼働できる期間がほとんどないというの現状ですね。

つまり、育てる意味がない機種であり、人気だから設置しているのがほとんどだと思います。
そういった機種は、低設定メインでの運用が基本です。設定4すら打つのが困難と言えますね。
つまり、旧基準機は設定狙いに向いていないです。

○稼働がない・設定6確定演出がない

これは、設定6が入りやすい機種の逆ですね。

稼働がなければ回収が困難だし、設定6確定演出がなければ設定6に気付いてもらえないです。

まとめ

今回は、設定6が入りやすい機種と入りにくい機種について紹介しました。
設定6を狙うのであれば、お店の意思を考える必要があります。

自分が好きな機種を打つというスタンスでは、なかなか設定6に座る事ができずに収支も悪くなりがちです。設定6が入りやすい機種を旧イベント日に攻めることによって収支が向上する可能性が高いです。

もちろん、データを取り狙い台を絞る作業も必要ですが、まず設定6が入る機種を攻めないと設定6に座る事ができないので、今回紹介した機種をメインに攻めてみてはいかがでしょうか。

雑談
スポンサーリンク
reanaをフォローする
目標は勝率アップ パチスロを楽しむためのブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました