パチンコ店の会員カードは作るべき?作らないと損をする事も

スポンサーリンク
会員カード雑談
スポンサーリンク

今回は、パチンコ店の会員カードをテーマにします。

多くのパチンコ店が、会員制度を導入しています。導入していない所って、ほとんどないと思いますね。それぐらい当たり前の存在になっています。

パチンコ店が会員カードを導入している理由はいくつかありますが、主に集客目的ですね。1つのサービスとしてお客さんに提供してお店に来てもらいたいと思っています。

 

そこで、我々お客側はこの会員カードを作るべきなのかについてお話します。

 

会員カードのメリットは盛りだくさん

あくまで、お店によって内容が違います。

そこで、主なメリットをお話していきます。

○貯玉再プレイ制度

これは、会員カードに貯玉できてさらに貯めた貯玉で再プレイ遊戯が可能です。

この再プレイ遊戯は、かなりのメリットがあります。

まず、最近は「非等価店」が増えていますよね。

 

この非等価で現金投資というのは、手数料を取られます。この手数料分が収支にマイナスになるので常に現金投資だとかなり損をします。

しかし、再プレイ遊戯であればこの手数料を排除できるので、結果的に換金する時だけ手数料を取られる形になります。お金を入れる部分での手数料が必要なくなるのでいい事ですね。基本的に再プレイ遊戯は1日に限度があります。

おそらく前日までに貯めたメダルで遊戯をする場合は、上限が500枚までの所が多いです。これもお店によって違ってきたり、県によっても違います。

多くの場合は、上限が決められているのでその点だけ注意します。

でも、500枚あればボーナス当選する可能性もあるし、そのまま現金投資をしなくても済むパターンもあります。例え現金投資することになっても最初の500枚分は手数料がないので初めから現金投資するよりも得をします。

 

後は、その日出したメダルに関しては、上限が設けられていないホールも多いです。

例えば今日3000枚出してそれをカードに貯玉します。すると、当日のうちはこの3000枚のメダルで遊戯できるので、現金投資する機会が減りますよね。天井などのハイエナなどをメインとしていると、この貯玉遊戯がかなり重要です。

常に天井狙いで現金投資だなんて、期待値がかなり低くなります。

会員カードを作る大きな目当てがこの貯玉再プレイ遊戯ですね。

○ポイント制度

最近の会員カードは、1日に1P貯まるシステムを導入していることが多いです。

要は、ポイントサービスです。

遊戯機のサンドに会員カードを入れると自然とポイントが給付されます。

 

ポイントを貯めると、日常雑貨やドリンクなどの景品と交換する事ができます

ポイント目的だけで、カードを作っている人もいますし来店してカードを差し込むだけでポイントがもらえるのでお得ですね。

特に良く行くホールだと、1年間でけっこうポイントが貯まるので自分がほしい景品があればメリットが大きいです。

○昼休憩の時間と終了の延長

これも良くあるサービスです。

会員カードを持っている人は、「昼休憩の時間が10分ぐらい延長される」ような制度です。普通なら30分だけどそれが40分になるので昼食をゆっくり食べることができます。

さらに、終了時間の延長を取り入れているお店もあります。

本当は22時45分で遊戯終了だけど、5分延長される感じです。

たった、数分の延長ですが20スロだと少しだけありがたい制度です。

 

主にこれらのメリットがあります。

ただ、お店によっては貯玉再プレイができないなんて事もあるのでしっかり内容を確認するべきです。

 

後、暗証番号で管理されているので、他の人にばれないような番号にします。さらに、常に財布の中に入れて失くさない事も大事ですね。

また、お店によって長期間遊戯されていないとカードの資格がなくなってしまうので、長期間もうこのお店に行かないのであれば一度清算した方がいいでしょう。

 

このように、お得な事がいくつかあります。

特に勝つ目的で遊戯している人は、どうしても非等価店での手数料対策が必要です。常に現金投資と貯玉再プレイ遊戯とではかなり収支に影響が出ます。

つまり、作った方がいいでしょう。

また、良く行くホールがある人も作った方がいいですね。

 

会員カードで知っておきたい事

○店員に個人情報がばれてしまう

これは、1つのデメリットでもあります。

会員カードを作る時には、主に名前と住所などの個人情報を記載します。さらに、免許証などを見せる必要があるので、作ってもらった店員に自分の個人情報がばれてしまいます。

また、お店でも管理されることになるので幹部クラスであればお客の個人情報を見ることができますね。

 

また、カウンターで会員カードを使う場合は店員側の清算画面に名前などの一部の個人情報が載るのでカウンターの人にも個人情報がばれやすいというのがあります。

もちろん、これらの個人情報はしっかりと管理しなければいけないのでトラブルなどはほとんどないですが個人個人の店員によっては悪用される可能性が0ではないです。

そういった事も少しだけ頭に入れておく必要があります。まぁ、そうそうトラブルなんて起きないと思いますが。

○解約しても個人情報が残る事も

基本的に、会員カードは解約できます。

ただ、カードを解約してもそれが使えなくなるだけで個人情報などはデータとしてお店側に残る可能性があります。

 

ちょっと後味が悪いと感じるのであれば、会員カードを作らないというのもありです。

○何か悪い事をするとすぐにばれる

会員カードを作ると、当然住所などを記載します。

免許証を確認するので、偽の住所を書いたらすぐにばれます。

 

この事から、何かパチンコ店で悪い事をするとすぐに捕まります。

例えば、他の人のメダルを勝手に持ち逃げしたり、床に落ちている千円札を勝手に自分のものにしたりです。

 

店内には、沢山の監視カメラもあります。

まぁ、何も悪い事をしなければ別に関係ない話ですけどね。念のため、紹介しました。

 

こんな感じで、いくつか理解してほしい部分があります。

 

まとめ

今回は、会員カードについてお話しました。

貯玉再プレイなどの大きな利点もあります。

そこで、会員カードを作った方がいい人が

常に勝ちを目指している人

ハイエナする事が多い人

良く行くホールがある人

逆に作らなくても良い人は

自分が行っているホールが等価店

たまにしか遊戯しない

個人情報を伝えるのに抵抗感がある人

まぁ、こんな感じです。状況に応じて作るのか、作らないのか決めるようにします。

雑談
スポンサーリンク
reanaをフォローする
目標は勝率アップ パチスロを楽しむためのブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました