設定が入りにくいスロット機種 抱き合わせ(機歴)機種に注意

スポンサーリンク
スロット雑談
スポンサーリンク

スロットには、沢山の機種があります。

設定狙いをしていく時には、お店の傾向を掴むことも大事ですがどの機種に設定が入りやすいのか入りにくいのかをあらかじめ知っておく必要があります。

力を入れる機種はホールごとに差があります。しかし、大まかな設定状況というのは、けっこう似ている部分があります。

例えばアイムジャグラーってどのお店でも比較的設定のベースが高いです。このように、機種によって平均ベースが違ってきます。

今回は、ほとんど設定に期待できない機種についてお話します。

 

抱き合わせ機種に要注意

まず、抱き合わせ機種ですね。機歴機種とも言います。

最近は、抱き合わせ販売というのが行われていることがあります。

例えば4月にメインコンテンツ機種を販売するから、その前にサブ機種であるAを購入してくださいねって感じです。

 

メーカーもできるだけ開発した台は、しっかりとホールに売りたい気持ちが強いです。メインコンテンツ機種になってくるとホール側からかなりの要望があるのですぐに売れます。しかし、それ以外の機種って何かと売れない事もあります。

それでは、困るわけですね。そこで、メイン機種を販売する条件に、人気があまりでないかもしれないサブ機種の購入を買ってもらうというわけです。サブ機種4台購入すれば今後登場するメイン機種8台販売しますよみたいな感じです。

 

つまり、抱き合わせ販売になってくると特定の機種を購入しなかったらメイン機種を購入することができないのでホール側もしても購入しなければいけない状況になります。

このような抱き合わせ機種というのは、台数が少ないです。さらに、人気がでないまま撤去することも比較的多いのでホールとしても運用に困ります。そもそも売れる機種なら抱き合わせ販売なんてしないですからね。開発側もある程度完売が厳しいと思っているかもしれません。

 

このようなメイン機種を購入するために、しぶしぶ購入した機種というのはホール側もあまり力を入れないです。なぜなら人気がでるのか不透明ですし、人気がでないまま撤去する可能性が高いからです。さらに、台数がそもそも少ないので設定を入れにくい状況になります。

 

結果的に初日から低設定で運用して機械代をとりあえず回収しようとしてくるホールがほとんどです。その後も稼働が低下したら低設定のまま撤去という事が多いですね。このように、抱き合わせ機種とうのは非常に設定が期待できない事が多いので、あまり打たない方が賢明でしょう。

 

なんでこんな機種入れるんだろう?と感じたらそれは抱き合わせ機種かもしれません。ネットでも、抱き合わせ機種の情報が流れていることがあるので新台を打つ前に確認しましょう。

 

バラエティ機種はもはや低設定の宝庫

これは多くの方がご存じだと思いますが、スロットで一番設定が入りにくいのが「バラエティ」です。要は1台しかない機種で埋め尽くされている島ですね。

 

どのホールのもバラエティがあります。かなり古い台もあったりと気になる機種がバラエティにあったり、久しぶりに打ちたい機種もあるかもしれません。しかし、設定はほぼ1だという事を理解しなければいけないです

 

バラエティ島は、今後撤去される台や人気がでなくなった台ばかりです。つまり、いずれ撤去される感じですね。そのような台に店側が力を入れる必要なんてないです。また、バラエティには珍しい機種も多いので設定1でもある程度稼働があります。特定日になってくると、抽選番号が悪い人がバラエティをしぶしぶ打ってくれることも多いです。つまり設定1や2の放置でも十分OKなわけですね。

 

バラエティに設定が入るとすれば年1の特定日ですね。このような特別な日だとホールも高設定を入れてくれる可能性があります。

このようにバラエティはけっこう厳しです。少数ですがホールによってバラエティにも高設定を入れるお店もありますがなかなかないでしょうね。

 

撤去間近の機種

これも低設定の放置がメインになります。

特に撤去まで一カ月を切るとリセットすらしなくなり、オール設定1運用が普通です。

半年きると少しずつベースが下がる事が多いですね。

 

撤去間近になると、もうこの台を成長させる意味がほとんどないです。同じような後継機があるのであれば上手く移行させるために設定を入れるパターンもありますが、基本は低設定運用でしょう。特に人気があったコンテンツは、撤去間近になると自然と打ってくれます。低設定でも打ってくれるのでわざわざ設定を入れる必要なんてないです。

 

ただ、例外もあります。

それがジャグラーやハナハナですね。

例えばもうすぐジャグラーの6号機が登場します。アイムですね。

これと同時に、今の5号機のアイムジャグラーが撤去されいますが、上手く6号機アイムに移行させるために5号機のアイムをぎりぎりまで頑張って高設定を入れるホールも多いと思います。

やはりジャグラーを失敗すると、お店にとってデメリットでしかないです。もし、5号機アイムが撤去されるからといって撤去数か月前から低設定ばかりだとお客さんが飛んでしまいます。その結果、6号機アイムを入れても稼働が戻ってこない状況になるのでジャグラーやハナハナの場合は、状況によって最後まで打てます。

 

まとめ

今回は、設定が入りにくい機種をお話しました。

まとめると

抱き合わせ機種

バラエティ機種

撤去間近の機種

この3つですね。この3つは、極めて厳しくなるので打たないようにします。

3台機種や5台機種も設定6となると厳しいですが、それでも上記の機種たちよりもまだ高設定の期待が持てます。

 

パチスロは、打つ前に設定が分からないですがこのように設定が入りにくい機種を避けるだけでも低設定を打つリスクが下がります。

雑談
スポンサーリンク
reanaをフォローする
目標は勝率アップ パチスロを楽しむためのブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました