5スロ(低貸し)のホール選び 勝てるお店選び(低貸し専門店)

スポンサーリンク
5スロ(低貸し)の攻め方
スポンサーリンク

今回は、5スロのホール選び低貸し専門店バージョンです。

併設店の5スロ店の選び方は

5スロ(低貸し)のホール選び 勝てる店選び(併設店)
今回は、5スロのホール選びですね。 一応テーマとしては、設定が期待できるお店です。5スロは基本的に薄い利益率なので設定1がメインになってきます。示唆演出がでなかったり、奇数挙動ばかりというのは非常に多いと思います。 それだけ設定...

上記を見てください。

 

5スロを打つ場合には、併設店の選択もありますが低貸し専門店で打つという選択もあります。併設店だとどうしても設定が厳しいとう状況があります。大半が設定1または2ですし、特定日と通常営業日にあまり差がないです。つまり、期待度が低いです。

中に良いホールもありますが、どうしても20スロを還元傾向が強いのであまり設定狙いに向いていないのが併設店です。

そこで、今回は低貸し専門店で勝てるお店選びのポイントをお話します。

 

スポンサーリンク

等価交換のホールを避ける

これはけっこう大事な部分です。

等価交換って、勝った時の見返りが大きいです。

設定6を打つ事ができれば、出玉がそのまま手数料など引かれずに還元されるので等価のメリットは大きいです。しかし、これが設定に大きく影響してくる事があります。

特に低貸し専門店だと利益のメインが、10スロと5スロですね。もしかしたら10スロがないお店もあります。そうなると1パチと5スロとなってしまうので、相当稼働が高くなえければ等価交換で高設定が入れにくい事になります。

つまり、等価交換だと大半が低設定になります。高設定があるとしても少数ですし設定6の可能性が極めて低いです。稼働が高く、十分利益を取る事ができているホールだと高設定の導入率も上がりますが、それでも少ないです。等価交換は、勝った時の見返りが多いですが、設定という意味ではマイナス要素ですね。特に低貸し専門店だとこの傾向が強くなります。

 

よって、交換率が等価以外のホールで打つのが賢明です。

 

10スロ2円パチンコが設置しているあ店がおすすめ

これも利益においてかなり重要な要素です。

1パチと5スロだけのお店よりも、10スロと2円パチンコがあるホールの方が利益率が高いです。当然です。利益率が高くなるという事は、それだけ5スロの設定配分も良くなります。

 

ただ、稼働が少ないホールだとあまり関係ないです。あくまで、稼働率が一定以上の場合です。さらに、5スロや10スロどちらも稼働があれば申し分ないですね。

 

再プレイ+交換率が悪すぎないホール

低貸し専門店を選ぶ場合は、まず貯玉と再プレイ遊戯があるホールを選びます。

これは20スロにも言える事ですし、基本です。

 

また、先ほど等価交換のホールは設定が入りにくいといいました。

ただ、あまりに交換率が悪いと設定4以上の価値が低くなります。つまり、高設定を積れてもあまり勝てないという事ですね。20スロで例えると6枚交換よりも悪くなると厳しいです。できれば、5.6枚もしくは5.5枚交換が理想です。

 

特定日が設けられているホール

これもかなり重要です。

なるべく特定日がある低貸し専門店に行きます

低貸し専門店に多いのが「特定日がない」パターンです。何気に多い気がします。これだといつ設定が入るのか分からないです。こうなると単純に、お店のその時の状況に応じて設定が大きく変化するので朝一から行きにくいです。

しかし、特定日がある低貸し専門店だと特定日に力を入れる傾向が強いです。特に設定で集客しているホールですね。つまり、20スロ同様に特定日に高設定が期待しやすい状況なので特定日があるのかないのかかなり重要です。

 

特定日があっても、出玉還元が弱いホールもあるのでその点は注意します。

低貸し専門店だとライバルも少ないですし、データを取りある程度癖を掴めば高設定を積りやすいと思います。

 

まとめ

今回は、低貸し専門店選びのポイントをお話しました。

ざっくりまとめると

等価交換は避ける

貯玉再プレイ遊戯できるホールを選ぶ

特定日があるホールを選ぶ

の3つですね。ここに、ある程度稼働率があると期待できます。

 

どちらかというと規模が小さいホールの方が、出玉メインで勝負している傾向が強いです。逆に、既に稼働が高く多くのお店を抱えているホールは、中間設定で遊ばせている傾向が強いのかなと思います。設定6狙いなら、出玉で勝負している規模が小さいお店が狙い目ですね。

 

ただ、特定日があるお店は通常営業日が弱くなる傾向があります。併設店よりも弱くなってしまう事があるので、特定日だけ狙うようにしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました