2022年年末年始パチスロは低設定?狙い目は?

スポンサーリンク
雑談
スポンサーリンク

今年も恒例の年末年始の狙い目です。

パチスロとパチンコどちらも同じような状況が予想されます。年末年始というと回収のイメージが強いですが、今年は狙い目があるのか?

打つなら何を打てばいいのか。

など立ち回りについてお話します。

 

今年の年末年始を確認

まず、今年の年末年始ですが基本は「31日~3日」の4日間となりそうです。

今回の正月は、土日と重なっているので休日が長くない正月となりそうです。

元旦が日曜日ですね。

会社によっては、30日から休みの所炉もありますし、正月休みが6日までの所もありますがそう考えると長くて「30日~6日」までとなりそうです。有休を取れば8日までも可能ですね。ただ、これを踏まえてパチンコ店の状況を去年までと比較して考える必要があります。

 

主な回収日と開放日

正直開放日というか、少し還元のイメージですね。

そこで、狙い目となる還元日ですが

12月26日~30日 1月1日

になりそうです。この間は、回収よりも少し還元するホールが多くなります。意外に元旦は少し設定いいんですよね。これは、2日~6日にしいかり回収できる状況を作るためです。

また、最近は早い段階からの回収をしないホールも多いです。

そこで、狙い目としては12月26日~30日のイベント日です。ここが一番最適な狙い目となりそうです。

注目の元旦ですが、1日イベント日のホールは要注意です。絶好の回収日にもなるので、しっかり回収するホールもあります。これは例年の元旦の状況をデータでとっておくと分かります。逆にしっかり設定を入れるホールもあります。

 

次に回収日です。

一番危険なのが1月2日~4日です。

本間にここだけはかなりきつくなりそうです。ほぼ設定1?というのもありえる感じですね。おそらく年間で一番の回収日になります。つまり、「打たない」というのが正解です。誘われても行かないようにしましょう。

そして、1月7日と8日も少し注意が必要です。正月明けの初めての土日です。正月明けたから還元してくれると思っている人が多く来店します。しかし、お店からすると絶好の回収日なのでなるべく行かないようにします。イベント日でも注意が必要です。

 

逆に5日と6日に少し還元するホールが多くなりそうです。正月連休の合間の平日ですね。

 

簡単にまとめると

狙い目

12月26日~30日のイベント日と元旦

・回収日

12月31日と1月2日~4日と1月7日・8日

 

こんな感じです。

あくまで基本的な考えですので、お店によってこれと違った状況になるケースもあります。毎年の状況を考慮した上で自分で判断します。

 

三重オールナイトとスマスロ

今年も三重オールナイトがあるみたいですね。ただ、注意が必要です。それがスマスロで設置費用などを考慮すると「設定1の可能性が高い」という事が言えそうです。つまり、スマスロは打たないようにするのが適切な判断です。

スマスロは、設定1でも爆発力がありますがそれはほんのごく一部です。ほとんどはマイナスグラフになるし、オールナイトだと逆万枚もありえます。いくらお祭りでも時間を考えるともう少しマイルドな台を選んだほうが良さそうです。

 

そこで、年末年始におすすめの台ですが

設定1が機械割100%を超える台です。

これはもう言わなくても分かりますよね。

愛姫やハナビ、バーサスやガメラなどがこれに当たります。設定1でも勝てる見込みがある台を打つ事で、収支+も十分ありえます。マイナスもある程度抑える事が可能なのでかたく立ち回ります。

ただ、上記の還元してくれる日は別にスマスロやジャグラーなどでもOKです。あくまで、正月の回収日となっている日は甘い台を打ちましょう

わざわざここで勝負せずに、1月中旬以降のイベント日で勝負しましょう。

 

まとめ

今回は、2022年の年末年始の狙い目をお話しました。

もう恒例になっているので、基本的に回収する事は皆さん分かっていると思います。ただ、正月の中でも回収と少し還元日があるので参考にしてください。

 

後は、今年はスマスロ導入費用などがあるのでもしかしたら例年よりも設定が厳しくなる可能性があります。特に既にスマスロが通路状態とか、稼働が明らかに悪いお店で打たないようにしましょう。

雑談
スポンサーリンク
reanaをフォローする
目標は勝率アップ パチスロを楽しむためのブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました