2020年パチンコ店のお盆の考察 スロットを打つならあの機種だけ

スポンサーリンク
雑談
スポンサーリンク

今年も8月という事で2020年のお盆の季節も後少しです。

パチンコユーザーからするとお盆休みの人も多く、ふらっとパチンコやスロットを打つ人も多いですよね。そこで2020年のお盆のスロットの考察について今回ネタにしていきます。

今年のお盆はどういう状況になるのか、打つ機種についてお話します。

 

スポンサーリンク

2020年のお盆は回収

お盆は別に高設定を入れなくても人が集まる時期です。つまり、稼働率を上げるための餌まきをしなくても良いという事ですね。さすがにお盆前日は多少高設定を入れてくるホールも多いですが、お盆が始まると回収というのが一般的です。

今年に限って言えば例年よりも回収に走るお店が多くなると予想しています。

皆さんもご存じの通り、ほとんどのホールが5月のゴールデンウィークを休みましたよね。コロナの影響で長い所で一か月ぐらい休業を取ったホールもあるぐらいです。5月のゴールデンウィークはパチンコ店にとって利益を上げやすい時期なのでこの時期に営業できなかったのは当然痛いです。特に経営に余裕がないホールは大きな痛手ですね。

 

つまり、その分このお盆に回収してくる可能性が高いです。なので、スロットを打つ人は低設定を打つ可能性が極めて高い事を知った上で稼働するべきです。もちろん負けたくないのであればお盆は稼働しない方がいいです。

また、来年の11月には完全に6号機に移行してきます。つまり、それまでに十分な機械代を回収しなければいけないのでこのお盆は絶好の回収時期ですね。

というわけで高い確率で「回収」してくるのでお盆は慎重に立ちまわるようにしましょう。

 

まぁ、天井狙いやゾーン狙いなどがおすすめですが、稼働が高いと思うので十分にハイエナできないと思います。つまり、やはり稼働しないのが一番いいですね。

 

どうしても打ちないならあの機種しかない

でもどうしてもお盆にスロットを打ちたいというのであれば、「いろはに愛姫」ですね。設定左・中・右でもしっかり設定判別していけば機械割が103%を超えてきます。つまり、お盆の時期でも確実に機械割を100%超える台に座ることができるのでおすすめです。

その分競争が激しくなる事が予想されるので、打つなら抽選から参加した方がいいのかなと思います。過疎店なら一般でも普通に座れそうですね。

 

後、あるのがディスクアップですかね。初代パネルのディスクアップは設定1でも甘いので、+収支を期待できる機種です。

この2機種がおすすめです。個人的には、目押しが楽でART機能が付いている愛姫がいいと思います。ただ、撤去しているホールも多いので、そこで1つの問題点ですね。

低貸しであれば愛姫を打てる可能性が高くなります。

 

まとめ

今年ももうお盆です。

ただ、新型コロナなどの影響で高設定を打つというのは極めて難しいと思います。

それに、少しでも家にいた方がコロナの感染リスクも低くなるので、このお盆はあまり外出しない方がいいと思います。特に感染者数が多い地域に旅行なんて行かない方がいいです。

お盆はおそらく帰省する人もいますし、活動が活発になる時期になのでコロナの感染数が爆発的に増える可能性があるので家で待機するのがトータルで期待収支+になります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました