ゴーゴージャグラーはぶどうを数えなくて良い その理由とは

スポンサーリンク
ジャグラー含めAタイプの立ち回り
スポンサーリンク

今回はゴーゴージャグラーのぶどうについてお話します。

ジャグラーは設定要素が少ないですが、数少ない貴重なデータにブドウ確率があります。ぶどうは各設定に概ね差があります。差は少ないですが1日ぐらい打てばある程度収束する可能性があります。

今回はゴーゴージャグラーはぶどうを数える必要があるのかについてお話します。ぜひ参考にしてください。

 

スポンサーリンク

ジャグラーでぶどうを数える意味

そもそもジャグラーでぶどうを数える意味はなんでしょうか。

もちろん設定推測要素として取り入れるためですが、ぶどうだけで判断する事は不可能です。差が少ないですし、4000Gまでは荒れやすいです。ぶどうがいいだけで続行なんてしたら低設定を打たされる可能性もあります。

 

終日打ちきってボーナス合算が良い、ぶどうもよければ高設定濃厚かなっていう感じですね。つまり、最後の設定推測として役に立つわけです。でもそれ以外の意味もあります。

例えばボーナス合算が下がってきて高設定から中間設定になりかけている状況ですね。この場合、ぶどうが悪ければ「高設定の可能性が低い」という判断ができてすっぱりやめることができます。このようにボーナスと照らし合わせながら止めどきを考えることができるので、ぶどうは数えておいた方がいいというのが結論です。

 

ただ、さきほども言った通りボーナスがだめでぶどうだけがいいパターンですね。この場合はあくまでボーナス優先です。1000Gぐらいならボーナスが悪くても続行するのはいいですが、これが3000Gでボーナスが低設定、ぶどうが高設定の場合だと続行は危険です。ただぶどうの引きが良いだけかもしれません。このように、ジャグラーはボーナス重視で設定推測していくのがおすすめです。

 

ゴーゴージャグラーシリーズはぶどうを数えなくてOK

どのジャグラーにもぶどうには設定差が基本的に存在します。

マイジャグラーシリーズは、各設定に差がありましアイム系だと設定6だけいいです。またぶどうも6分の1前後なので収束しやすいのもプラス要素ですね。

でもぶどうを数えなくてもOKな機種も存在します。

それが「ゴーゴージャグラーシリーズ」です。

なぜゴーゴージャグラーはぶどうを数えるのがあまり意味がないのかというと他のジャグラーとぶどう確率に違いがあるからです。

ゴーゴージャグラーのぶどう確率

設定ブドウ確率
11/6.81
21/6.76
31/6.70
41/6.65
51/6.60
61/6.54

見ると各設定に差があります。

ぶどう確率も他のジャグラーよりもちょっと悪いですが、別に数えてもいいレベルですね。半日ぐらい打てば自然と判別要素に使えると思います。

しかし、ゴーゴージャグラーにはぶどうは3種類あります。

共通ぶどうと単独ぶどうですね。

単独ブドウが2種類ありますが、これは設定差がないです。しかも共通と単独ぶどうを判別するためには目押しが必要になるので、普通に左にバーを狙うだけでは判別できない事があるのが厄介です。

ちなみに設定差がある共通ブドウの確率は下記になります。

共通ブドウ確率

設定ブドウ確率
1/7.75
1/7.69
1/7.62
1/7.55
1/7.49
1/7.40

このように設定差があるブドウ確率は、分母が他のジャグラーよりも大きいです。その分収束しにくいので厄介です。

しかも単独ブドウの引きが良いと全体のブドウ確率が上がりますし、逆に引きが悪ければブドウ確率が下がります。

共通ブドウが良くても、単独ブドウが悪ければ全体のブドウ確率が悪いので「低設定かな?」と勘違いしてしまうわけですね。逆に低設定を高設定?と勘違いする可能性もあります。つまり、単純にブドウを数えると錯覚してしまうので、設定判別に利用しにくいというわけですね。

ブドウが良いにこしたことはないですが、混乱する可能性があるのであまりブドウを数えるのはおすすめできないです。しっかり目押しをすれば大丈夫ですが、効率が悪くなるのでおすすめできないです。

 

こんな感じでゴーゴージャグラーのブドウは正直当てにならないです。

つまり、ボーナス確率で見ていく必要がありますがゴーゴージャグラーは設定1でも合算が1/150前後なので、判別しにくいですね。結果的にジャグラーの中でも判別しにくい機種になっています。それだけ低設定でもボーナスが引ける事があるので、甘いといえば甘いです。

 

ゴーゴージャグラーはぶどうよりもチェリー重複

ゴーゴージャグラーは、ぶどうは当てにできませんがチェリー重複は当てにできます。高設定を何度も打ったことがありますが、結果的にチェリー重複が非常に良くて特にチェリーREGはかなり引けます。

逆にボーナスが良くてもチェリー重複が悪い台は低設定から中間設定の可能性が上がります。チェリーREGと単独REGに注目して設定判別していくのがゴーゴージャグラーでは大事です。

 

まとめ

今回は、ゴーゴージャグラーのブドウについてお話しました。

ほとんどあてに出来ないレベルなので、数えなくてもOKです。ただ、ゴーゴージャグラーはアイムと同じようにメイン機種として設置しているお店も多いです。

つまり、高設定に期待できるジャグラーの1つなので信用がある店であれば積極的に打てるジャグラーですね。プロはマイジャグラーなどに集中するので、ゴーゴージャグラー狙いで特定日などに狙うのも1つの戦略です。

 

ただ、判別要素がほぼボーナスだけなので他のジャグラーよりも慎重に設定推測しなければいけないですし、短時間で推測できるジャグラーではないのでその点は覚えておいてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました