6号機勝てない・終わってる 個人的にここが駄目

スポンサーリンク
雑談
スポンサーリンク

現在の、スロットの主流は「6号機と5.5号機」です。

凱旋と沖ドキが撤去されるといよいよ、この2つがメインになりそうですね。

番長3やまどか2などの5.5号機は、出玉規制もゆるくて有利区間などもないので出玉的に期待ができます。実際、稼働が高いです。

問題は、6号機ですね。

個人的に、いろんな6号機を打ってきましたが、駄目な所を今回お伝えします。

 

6号機のここが駄目

○有利区間と2400枚規制

一番駄目な所がこの部分です。

既定の有利区間に到達するとATが終了するのが6号機です。

機種によって、気にならない場合もありますが有利区間でもったいない事をした人も多いはずです。例えば、絆2だと天井付近でATに突入すると、順調にATが続いても2千枚でない事が多いです。どこでATに突入するかが勝負ですね。

さらに、2400枚に到達した時点でエンディングも、やはり無駄引きなどがでてくるので残念な仕様です。

 

機械割が設定6で110%前後あるものの、5号機の110%と出玉に大きな差が生まれます

これらの出玉規制のおかげで、設定6でも5千枚でるのがまれだったり、低設定だと逆転する事が困難と言った感じになります。投資が2万になると既にあきらめる必要があるのが6号機ですね。

○コイン単価の低さ

これも現在6号機の駄目な所です。

6.2号機になってくると、コイン単価が上がり多少荒い台もでてくるかもしれません。

でも、今の6号機はコイン単価が3円以下の事がほとんどです。

 

コイン単価が低いと、それだけ荒れにくい仕様です。

ATでも、5号機ノーマルを売っているような感覚で出玉が売りのATの良さがなくなっていますね。もちろん、一撃制もないし高設定でないと勝負にならないという感じになります。低設定だともはやどうすることもできないぐらいの絶望感を味わいながら打つ事になります。

○低設定・中間設定の絶望感

コイン単価が低い事と似ていますいが、出玉規制とコイン単価の低さの影響で低設定が厳しいです。勝率も悪く、ひたすら吸いこんでいく感じです。

吸い込みは、ベースが高い分緩やかですが1日打つと2千枚以上吸い込むと事も多いです。しかも、上がる場面がほとんどないこともあり面白くないですね。

また、中間設定もきつくなっています

6号機の設定4濃厚台で勝ったのは、絆2だけです。私の経験ですけど。

他の台も設定4確定や濃厚の台を打ちましたが、ホール実戦・アプリどちらもほとんど負けています。もう設定2とほとんど変わらない結果です。

それだけ、設定4ですら期待できないようになっているのが残念ですね。

良く6号機は、設定6からスタートラインと言われていますが、まさにその通りになってます。

 

 

このように、主に出玉面でマイナス要素が強いのが6号機です。

そんな6号機でもおすすめの機種があるので紹介しておきます。

低設定でも現実的に勝てる可能性がある6号機 この機種に注目
6号機の台数が多くなってきている今日このごろです。 もうすぐ凱旋も撤去されるので、さらに加速しそうな感じですね。 こんな中言われているのが「6号機の低設定の辛さ」です。 5号機の低設定は、AT機を中心に誤爆で出てし...

5号機よりも劣りますが、まだ勝負になる機種です。

 

これらを考えると6号機は、期待が持てないので狙いにくいです。

ただ、設定6を多く使ってくれるホールだと期待が持てます。そういったホールを探すことがまず大事になります。

 

できれば番長3やまどか2の5.5号機に力を入れているホールで、勝負した方がいいでしょう。その方が、期待できます。

 

6号機の良さ

6号機は、出玉面で期待できないです。

しかも、設定4だと勝負にならないかもしれないです。

ただ、良い部分もあるのでその点をお話します。

○非有利区間での直撃抽選

これは、多くの機種に言える事ですが設定変更・AT後一時的に非有利区間以なります。

だいたい、1~2Gぐらいです。

この間に、強小役を引くとAT直撃しやすいです。

これは、嬉しい仕様ですね。

○設定判別しやすい

これも6号機の良さです。

特に設定6限定であれば、1000Gで判別出来る台が多いです。

設定判別が早いという事は、それだけ無駄に投資をしなくて済みます。

 

設定のラインは高いですが、設定判別のしやすさから設定狙いのリスク自体は低いです。

○投資が緩やか

これも6号機の特徴です。

ベースが高く、メダルの減り自体は5号機よりもかなり緩やかです。

つまり、長く遊びやすい仕様です。

 

5号機のATは概ね30Gぐらいですね。千円ベースが。

それが50Gぐらいなので1日の負け額も、10万とかほとんど行かないです。

 

このように、良さはあるもののやはり出玉面でのデメリットが多いのであまり人気がないです。6号機の稼働が思うように伸びないので、ほとんどの機種が低設定という状態になっているホールすらあります。実際、番長3などの方が高設定の導入率が高くなっていることもあります。

 

番長3などの設定期限が、1年延長されたので少なくとも後半年は無理に6号機よりも番長3やまどか2のような稼働が高い5.5号機狙いの方がいいかもしれません。

もちろん、お店次第ですが。

 

まとめ

今回は、6号機の駄目な部分を中心にお話しました。

数は少ないですが、期待できる機種もあります。

しかし、ほとんどの6号機が出玉面で満足できないですね。

 

特に設定4の期待値が低くなっているのが気になります。

設定6なんて下手に打てないですからね。

設定4でも期待できる機種がでてくるとまた違いますが、現在の所絆2がなんとか1日粘っるのかなっていった感じです。ほとんどが、設定4でも展開次第で捨てていいレベルです。

 

今後6.2号機が本格的に出てきたら、コイン単価のアップ次第で設定4に期待できるかもしれませんが、何ともいえないですね。

雑談
スポンサーリンク
reanaをフォローする
目標は勝率アップ パチスロを楽しむためのブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました