ジャグラーで打ってはいけない機種は?このジャグラーだけは注意しよう

スポンサーリンク
ジャグラージャグラー含めAタイプの立ち回り
スポンサーリンク

今回は、ジャグラーの中で打つのをおすすめしない機種についてお話します。

ジャグラーは、ホールのメイン機種ですね。打ち方も簡単で通常時に左リールにバー図柄を狙うだけで、さらにゴーゴーランプが光ればボーナス確定というシンプルなゲーム制ですね。

年代問わず人気があり、パチスロで勝つためにも打ってほしい機種の1つです。

ただ、そんなジャグラーの中でも打ってはいけないといか、勝つのが困難機種もあります。

今回は、あまり打つのをおすすめしない機種についてお話します。

 

スポンサーリンク

サブ機種でさらにBIG型であるファンキージャグラー

まず、1つめが「ファンキージャグラー」です。

このファンキージャグラーは、独特の台でありプレミアが派手ですね。

しかもBIG型になっているのでBIGに偏りやすいこともあり、人気があります。

でも、私はファンキージャグラーをほとんど打った事がないですね。実は、このジャグラーなにかと難しい分類です。

①REGの差が他のジャグラーよりも小さい

まず、ファンキージャグラーの各設定のREG確率を見てください。

設定REG確率
11/452.0
21/407.1
31/372.4
41/336.1
51/302.0
61/275.4

こんな感じになっていますね。

設定5でもREG確率が300よりも悪いです。この結果、設定1と5の差が他のジャグラーよりも小さいですよね。

さらに、設定6でもアイムの設定5よりも悪いという特徴があります。

この確率ですとREGは1日単位でかなりぶれることが多いですね。高設定でもREGをなかなか引けないパターンもあります。つまり、ジャグラーの設定判別がけっこう難しいという事ですね。

その代わり、BIG確率は他のジャグラーよりもやや設定差が大きいです。

1/275.4~1/232.4ですね。もちろん、かなり大きいわけではないですがBIG確率もやや意識して打つ方がいいでしょう。

このように、ファンジャグラーはBIGとREGさらに合算などトータルで見る必要があり、難しいとい言えますね。

 

②ブドウ確率に設定差があまりない

設定ブドウ確率
11/6.37
21/6.37
31/6.32
41/6.27
51/6.21
61/6.16

ブドウ確率を見ると、正直1日単位だと分からないレベルですね。

アイムジャグラーの場合は、設定6だけ優遇されているので設定6に関しては役に立ちます。また、マイジャグラーは各設定に差がありしかも設定6と設定1の差がやや大きいですね。

ただ、ファンキーの場合は設定1と設定6の差が小さく、設定5と4の差なんてほとんど当てにならないレベルです。つまり、ブドウ確率自体そこまで参考にならないという事ですね。

 

③サブ機種である事

ファンキージャグラーは、たしかに人気がありますがホールの設置機種においてはサブ機種扱いになる事が多いですね。

メインのジャグラーは、アイム系とマイジャグ系、ゴーゴージャグラー系の3機種になっていることが多いです。つまり、その次のランクになっているファンキージャグラーにはたして高設定が入るのかというと微妙ですね。

 

旧イベント日であればファンキージャグラーに高設定を入れるホールもあると思います。しかし、通常日となるとやや厳しいですね。つまり、設定狙いをするというのはリスクが高いという事です。

 

この3つの問題点から、ファンキージャグラーは打たない方がいいです。設定のベースが不安でさらに設定判別が難しい機種を打つよりは、設定が入りやすいアイムジャグラーやゴーゴージャグラーを打った方がましです。

 

設定6の導入率が少ないスーパーミラクルジャグラー

次におすすめしないのがミラクルジャグラーです。

スーパーミラクルジャグラーも多くのホールで設置されていますね。このジャグラーはとにかく設定判別が難しいという事です。

①REGは設定5が一番良い

ジャグラーは基本REGで設定判別します。

しかし、このジャグラーは設定5がREGが一番良いです。さらに、設定6と設定4のREGの差がほとんどないという部分にも注目します。

 

つまり、REGが良い=設定6ではないという事です。

さらに、REG自体全体的に悪くなっています。確率が大きくなるほどぶれやすいのでREG確率があまり当てにならないという事もありますね。REGが良いから設定5というわけではないという事です。

 

おそらく今のジャグラーの中でも設定判別が一番難しい機種になっています。ただ、低設定はかなりREG確率が悪いので、低設定かそれ以外という部分では見分けやすいです。ただ、中間設定と高設定という部分を見れば見分けにくいのであまり打つのはおすすめしないです。

②設定台数が少ない

そしてもう1つの理由が、設定台数が少ないという点です。

おそらくファンキージャグラーよりもホールの台数が少ないのではないでしょうか?5台あればかなり設置しているお店だと思います。

台数が少ないという事は、それだけ設定が入りにくいという事ですね。わざわざ、スーパーミラクルジャグラーを狙う意味はないです。

 

③設定6が導入しにくい

スーパーミラクルジャグラーは、REG確率が設定が一番良いです。逆に設定6はBIG確率が一番良く、BIG先行型になりやすいですね。こうなると、ホールとしてもどうやって設定6をアピールすればいいのか分からないです。

 

REGが多くなると、設定5だとプレイヤーは判別しますからね。そうなると、設定6をアピールしにくく結果的に使う意味がないという事です。ホールが設定6を使う場合は、出玉アピールだけでなくて設定6が入ってる事を分かってほしい場合です。

 

設定6の判別が難しいスーパーミラクルジャグラーに入れるのであればマイジャグラーに入れた方がプレイヤーに分かってくれやすいですね。

 

まとめ

今回は、打つのがおすすめしないジャグラーについて紹介しました。

結論的に

・ファンキージャグラー

・スーパーミラクルジャグラー

になります。この2つの機種を打つのであれば、他のジャグラーを打つようにします。ファンキージャグラーは、スペックが良いのでついつい打ってしまいがちですが、スペックが良いジャグラーを狙うのであれば設定が入りやすいマイジャグラーを狙った方が収支が安定することが多いです。

 

あくまで、今回お話したのは平均レベルです。ホールによっては、この2つの機種に力を入れている場合もありますが、基本的にちょっと設定が辛くて難しいという事を理解して1実戦しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました