スロットの目押し技術は必要なのか

スポンサーリンク
雑談
スポンサーリンク

今回は、「スロットの目押し技術は必要なのか」についてお話します。

スロットというと、やっぱり目押しですね。

タイミング良く目押しをして、ボーナス図柄や小役などを揃えるというのが1つの遊戯の醍醐味といっていいでしょう。この目押し技術ですが、はたしてスロットを打つ時に必ず必要になるのか、勝つために必要なのかについてお話します。

 

今後、スロットにチャレンジしてみたい人は参考にしてください。

 

多くのスロットが目押しが必要

まず、初めに言いたいのが「多くのスロット機種が目押しが必要」になってくるという事です。目押しが出来ないとボーナスが揃えられずになかなかボーナスを消化できなかったり、小役を取りこぼしてベースを下げてしまったりとマイナス要素が多いです。

 

初心者が良く打っているジャグラーも、ボーナス時に目押しが必要です。

ジャグラーは、ゴーゴーランプが光るとボーナス確定ですがこのボーナスを消化するためには「7・7・7」「7・7・バー」を揃える必要があります。ビタ押しなどは必要ないですが、ある程度ボーナス図柄を目押し出来る必要があります。適当押しでもたまたまボーナス図柄が揃う事がありますが、やはりコインロスが大きいです。目押しができないと高設定でも下手をすると機械割がマイナスになってしまう事だってあります。

 

こんな感じで、スロットを勝つためには目押しが必要です。店員を呼んで目押しをしてもらう事は今できないです。店員による目押しを禁止している都道府県も多いので、自力で目押しする必要があります。友達ときていて友達に目押しをしてもらうのであれば安心できますしが、一人で来ている場合だと基本自分で目押しをする必要があります。

ただ、ホールによって店員さんがタイミングを教えてくれることがあるので一応店員に聞くのもありですね。

 

最初は目押しの練習

目押しで機械割を下げてしまう行為だけは避けなければいけないです。

いきなりコイン単価が大きい20スロだと目押しミスによって大きく損をしてしまいます。そこで、目押しに自信がない人は、2スロや5スロで練習しましょう。2スロや5スロにあるラインナップは豊富で、ほとんどの機種で目押しがしっかりできるようになれば問題ないです。

 

最低でも、今20スロにあるメイン機種の目押しはできるようにしておきましょう。スロットで勝つためには、メイン機種を問題なく打てる技術が必要です。

 

アプリで練習する人もいますが、実機とアプリだと感覚が違うと思うので、目押しの練習はなるべく実機でやるのがおすすめです。今のスロット機種の中には、ビタ押しが必要になるものもあります。ただ、アクロス系など数が限られているので別にビタ押しができなくてもOKです。実際、私はビタ押しが得意ないですが問題なかったです。ビタ押しが必要ない機種で十分勝つ事ができます。

 

目押しが必要ない機種もある

スロットの多くは、目押しが必要です。

大雑把でもいいので、ある程度リールの図柄が見えるようになっておく必要があります。しかし、幸いなことに、目押しがまったく必要ない機種もあります。

例えば、「バジリスク絆2」です。

これは、まったく目押しが必要ないです。つまり、目押しができない人でも打てますし、メイン機種なので設定にも期待できます。

 

目押しができない状態で、どうしても20スロで勝負したいのあれば数少ない目押しが必要ない機種からチャンレジします。絆2は目押しできなくてもいいですが目押しタイミングがあります。もちろん、ミスをしても損をする事がないです。ですが、目押しの練習になるタイミングがあるので「狙え」と出たら目押しの練習をしてみましょう。

 

目押しが必要ないといって「狙え」がでてもフリー打つだといっこうに目押しができないです。個人的にスロットで勝つために目押しができるようになってほしい機種を紹介します。

ジャグラー全般

ハナハナ全般

まどかマギカ・番長シリーズ・ゴッドなどのメイン機種・人気があるコンテンツ機種

ですね。

人気があるコンテンツ=高設定が期待できる

となるので、これらの目押しができるようにしましょう。

そうする事で立ち回りの幅が広がります。

また、天井狙いやゾーン狙いメインでやる場合は目押しが必須です。しかもあらゆる機種の目押しが必要になるので目押しの練習をしていきましょう。

 

だいたいの機種がビタ押しでなくて、大雑把な目押しでOKです。そこまで神経質になる必要なんてないですし、ほとんどの人はある程度目押しがができるようになるので経験を積めば自然に身に付く技術です。

 

まとめ

今回は、スロットにおいて目押しが必要なのかについてお話しました。

まとめると

大半のスロットは目押しが必要なので、ある程度の目押しが技術が必要

目押し技術習得のために2スロや5スロで練習をする

目押しができないと損をする

目押しが必要ない機種が少なからずある

天井・ゾーン狙いメインの人は目押し必須

 

ざっとこんな感じです。

要は、スロットにおいて目押しがかなりポイントです。練習してもまったくできないのであればもしかしたらパチンコの方がいいかもしれません。パチンコは、目押しが必要ないですし、簡単な止め打ちさえできれば問題なく勝てます。

雑談
スポンサーリンク
reanaをフォローする
目標は勝率アップ パチスロを楽しむためのブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました