パチスロ2400枚規制緩和で勝ちやすくなる?

スポンサーリンク
業界情報について
スポンサーリンク

今回は、ちょっと話題になっている「2400枚規制緩和の」です。ネットでも既に沢山のところで話題ですが、この緩和の内容や今後今までより勝てるようになるのかについてお話します。

2400枚規制緩和の内容

緩和といっても、少し解釈が変わっただけです。

規制緩和前

有利区間リセット後一撃2400枚で終了

規制緩和後

有利区間リセット後差枚2400枚で終了

つまり、差枚というのが大きな変更点です。この差枚になったことで有利区間リセット後からATまでの投資分も一撃性能に追加されることになりますり

 

例えば

有利区間リセット→初当たり(500枚の投資)

このパターンだと一撃2400枚+500枚が最高出玉になります。つまり、1回のATで2900枚獲得可能です。

今までは、1回のATの出玉が最高2400枚だったので投資額によって跳ね上がるといった感じです。

 

これは、少し大きいですね。打ってる人からすると出玉に期待感が持てるし、例え天井に行っても十分プラス収支に持っていくことが可能です。

 

今回の規制緩和で影響大のパターン

○天井狙いの期待値が上がる

まず、天井狙いで大きなプラス要素です。状況によっては、天井から一撃3000枚以上も可能です。

今まで、最高2400枚までだったので、天井狙いでの収支が上がります。特に1回のAT性能が高い機種だと、今回の規制緩和が大きなプラスです。

低設定を打っている場合

低設定は、どうしても初当たりまでの投資が大きくなります。今回の規制緩和で、1回のATに今まで以上に逆転するチャンスがでてきて、引きが良ければ大きなプラスまで持っていけます。

低設定で、天井まで行くと絶望でしたがこれなら少し前向きに打てますね。

 

尚、高設定は初当たりまでの投資が少ないので、今回の規制緩和の影響が少ないと言えます。

ただ、それでもハマる時もあるし高設定でもプラス要素になるでしょう。

 

このように大まかに今回の恩恵を受けるのは

天井狙い

低設定

この2つですね。ホールは、基本低設定の比率が多くなるので全体的に見るとしっかりとした緩和だと思います。

 

今回の規制緩和のデメリット

もちろん、デメリットも存在します。

いくつかお話しますね。

○AT後即やめが多くなる

これは単純に今までよりも天井狙いしやすい状況になるので、しょうがないことですね。

この状況が多くなると、稼働率の低下も懸念されます。天井狙いする台=低設定濃厚なので、このような期待出来ない台が即やめされていても、ほとんどの人が打たないですよね。

結果、平均設定が下がる可能性があるので、お店の対策や有利区間リセット後に何かしらの恩恵をつけないと即やめによるデメリットが大きくなりそうです。

 

○出玉性能が上がるわけでない

今回の規制緩和は、あくまで1回のATの上限が投資分増えただけです。出玉性能が上がったわけでなくて、2400枚出すまでの難易度自体上がってないです。

2400枚まで伸ばした時のみ、今回の恩恵を受けられる感じなので、今までよりも勝てると錯覚しないようにしましょう。

ただ、上限が上がったことで引きが強かった時にガッカリしにくくなります。3千枚や4千枚も一撃で可能になりますからね。

 

まとめ

今回は2400枚規制緩和についてお話しました。少し緩和されて、今までよりも期待を持って打てます。

ただ、不透明なのがどこからスタートするかです。

設定変更後

有利区間リセット後

このどちらかになりそうですが、今のところ有利区間リセット後がスタートのタイミングだと思います。

まだ、この規制緩和された台が登場するのは先ですが、少し明るい情報になりそうです。

業界情報について
スポンサーリンク
reanaをフォローする
目標は勝率アップ パチスロを楽しむためのブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました