ジャグラーで大負けする立ち回り こんな立ち回りは絶対に駄目

スポンサーリンク
ジャグラー含めAタイプの立ち回り
スポンサーリンク

今日はちょっとジャグラーの立ち回りについてお話します。

ぱっと思い浮かべて手軽に遊べるパチスロ機種ってなんですか?と聞かれると多くの人がジャグラーって言いますよね。

実際初心者にお勧めする機種ナンバー1がジャグラーです。目押しがほとんど必要ないですし、完全告知なのでボーナスを見逃すことがない利点があります。

つまり誰でも手軽に打てます。

またノーマルタイプなので投資もATと比較すると少なく済むメリットもあります。

そんなジャグラーですが大負けする事ってありますよね。

ジャグラーで5万以上負けることもあります。

今回はジャグラーで大負けする立ち回りを2つ紹介するので、ぜったいにこのような立ち回りをしないようにしましょう。

 

スポンサーリンク

朝一複数台打ちちらかす

ジャグラーで一番負けるのがこの立ち回りです。

要は朝一の実戦です。

狙い台がある人もいれば、狙い台がない人もいます。適当に気分で座る人もいますよね。

ジャグラーは夕方になると稼働が上がります。特に特定日なんかは昼ぐらいに高稼働になるのではないでしょうか?つまり特定日に限れば複数台打ちちからかすなんて事はそうそうないです。だって稼働が高いですからね。

でも通常営業日になるとジャグラーでも朝から昼ぐらいは稼働が低い事が多いです。

このような時に朝から実戦する人は要注意です。

まず、1台目200Gぐらい回してボーナスなしならどうしますか?

ほとんどの人が他の台に移動しますよね。ジャグラーの高設定はアイムで1/135ぐらいですね。つまり200回してノーボーナスだと高設定の可能性が限りなく下がります。

つまり、移動しなければいけないっていう心理が働きます。そして2台目もノーボーナス、3台目もノーボーナスなんて事になればもうこれだけで投資が2万ぐらいなっちゃいます。このように打つ台打つ台全然ボーナスが付かないパターンが大負けする典型的な立ち回りです

ジャグラー好きな人で朝から打っている人なら一度は体験した事がありませんか?何回も体験している人だっているはずです。

ジャグラーの機械割を考えると高設定でも1日3万から4万プラスになればいいほうです。つまり朝一だけで2万3万と負けるともう高設定に座る事ができても厳しいですよね。仮に高設定に座れなかったらさらに悲惨な状態になります。

こんな感じで朝一複数台打ちちらかす行為は非常に危険です。

なぜこうなってしまうのかというと結局狙い台を絞っていないからです。

狙い台を行く時に3台ぐらいに絞ります。できれば2台。

この狙い台を打って反応しなければ一度実践を辞めるというのが負債を減らす1つの立ち回りです。でも狙い台など関係なしにとにかく高設定を探そうとして多くの台を打ちちらかす人が多いです。

朝一のジャグラーは、必ず根拠を持って狙い台を絞る事が必要です。

この根拠を持たずに打つに行くのはそれだけもう負けるパターンです。たまに勝つ事があっても負ける事の方が圧倒的に多いです。

本来であれば通常営業日に朝からジャグラーなんて打つべきではないです。ただどうしても打ちのであれば狙い台を2台にぐらいに絞ってその台だけ実戦するようにしましょう。そうすると例え高設定でなくても投資額を抑えることができて昼から十分立て直すチャンスが訪れます。

 

こんな感じなんで、朝からジャグラーを実践する人は注意してください。

 

高設定だと思ったけど中間・低設定だと分かりそのまま実戦する

これは昼から夕方、夜の実戦に多い負けパターンです。

ジャグラーはボーナス履歴を見て高設定かどうか判断して座る人が多いですね。

例えばBIG18REG28合算120なら高設定の可能性が高いので座る人が多いと思います。

でもこのような優秀な履歴でも必ずしも高設定ではないです。低設定や中間設定でも1日単位であれば高設定みたいな履歴になる事なんて多いです。

 

つまり、高設定だと打ったけどどんどん投資がかさみ結局、高設定ではないというパターンもありますよね。この時に本来なら辞めるべきです。

しかし、投資がかさんでいると少しでも取り返したい、はまりが続いているからいつかは連ちゃんしてある程度返ってくるはずと思ってしまう人も多いです。でも結局粘った結果まったく出ずに-3万や4万なんて事もあります。

 

このような負けパターンは非常に大負けすることもあります。

要は山形グラフで、下降グラフの部分だけ打ってしまうパターンです。高設定であれば途中で下げ止まってくれたり息を吹き返すことも多いです。でも高設定でなければどんどん下がります。

 

夕方からなら大負けなんてしないだろう。良い履歴の台を粘っていればなんとかなるだろうと勘違いしないようにしましょう。もう高設定の可能性が低くなれば、負けていてもスパッと止める判断も大事です。その後仮に出てもそれは仕方がない事です。それよりもリスクがない立ち回り、少しでも高設定以外を避ける立ち回るをした方がよっぽど収支が良くなります。

 

以上のようにジャグラーは昼や夕方からでも大負けする事があるので注意してください。

でもジャグラーの高設定は安定して出ることも多いので、ジャグラーメインの立ち回りはおすすめです。

 

まとめ

今回はジャグラーで大負けするパターンを紹介しました。

朝一根拠なく複数台打ちちからす

昼以降に高設定濃厚台を打ち途中に高設定の可能性が低くなったけどそのまま続行する

この2つが一番負けるパターンなので注意します。

もちろん低設定を1日打つというのも大負けのパターンですが、それ以外にも大負けするパターンは存在するという事です。

ジャグラーを朝から打つなら特定日だけにした方が良さそうですね。もしくは、通常日でも設定を入れてくれるホールです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました