遊タイム狙いで効率的に稼ぐためには 天井の恩恵に注目しよう

スポンサーリンク
パチンコ情報について
スポンサーリンク

最近は、パチンコでも遊タイム狙いというのがブームになっています。

パチスロの人たちも、遊タイムを狙っている感じもありますね。そこで、これから主流となってくるので効率的に遊タイム狙いで稼ぐやり方をお話します。

 

むやみに遊タイム狙いしても、時間効率が悪くなります。

それを避けるためにぜひ今回の記事を参考にしてください。

 

遊タイム狙いの恩恵に注目

 

遊タイムの天井って、主に2つありますよね。

 

普通の時短だけ

高確率状態の時短

 

1種2種混合気だと、ほぼ遊タイムの恩恵が高確率状態になります。

上記どちらも狙っていくというのでも悪くないですが、普通の時短のみの機種ばかり狙っても効率が悪いです。

 

その理由が「大当たり確定ではない」という事です。

 

最近だと、仮面ライダーですね。

遊タイムの恩恵がロング時短ですよね。実はこれは狙った方がいいです。

仮面ライダーの時短は、1000回を超えるので普通に考えれると時短中に当たりが取れます。

でも、時間効率を考えると悪いですよね。

 

後は、海物語など時短が300回ぐらいの台ですね。

これは、スルーする可能性もけっこうあるので狙う価値というのが低いです。

 

 

このように、遊タイムの恩恵が「普通の時短だけ」という機種は、効率が悪くなります。

だって、遊タイム消化するだけで1時間以上必要になる事もあります。

特に時短が長くて、当たりが取れなかった場合ですね。

パチンコは、パチスロよりも回転数が取れないので、恩恵が少ない遊タイムやるなら他の事をした方がいいです。

 

 

では、狙い目となる機種は何かというと

1種2種混合機」です。

 

このスタイルの機種の多くが、「高確率状態の時短」が恩恵になります。

例えば、甘デジのまどかマギカきゅうべいバージョンですね。

遊タイムに行くと、高確率状態になりしかも時短自体も数百回転つきます。

ほぼスルーないですし、当たると確変突入する機種が多いです。まどかマギカの場合は、メインラッシュに突入します。

 

このように、恩恵が違うので出来る限り高確率状態に移行する機種の遊タイム狙いをしていきましょう。

 

前日のゲーム数によるハイエナ

 

これも効率を高めるために大事です。

当日だけのデートで、遊タイム狙いだとあまり台が拾えないです。

最近は、もう遊タイムが浸透しているのでほとんどの人が遊タイムのゲーム数を理解しています。つまり、当日のデートだけの遊タイム狙いだとなかなか拾えないです。

 

ただ、前日と合わせて合算の立ち回りだと拾える可能性が高いです。

 

例えば遊タイム発動が500Gの機種だったら

前日が100だった場合、当日300ぐらいだとかなりのお宝台ですよね。

このように、前日のゲーム数を把握しておくと立ち回りしやすいです。

 

ただ、注意点としては、「ラムクリ」をしていないのかチェックします。

遊タイムも期待値があるので、天井手前でやめている台をラムクリしてリセットかけるお店も多いです。

 

また、前日ちょっとはまっただけでもラムクリする店舗ってあります。

これらの状況をしっかりと把握してから前日のデータを参考にして立ち回ります。

データを確認して、前日のゲーム数と当日のゲーム数による初当たりが合わないというような感じだとラムクリしている可能性が高いです。

ちょっと、初当たりを意識するだけでラムクリしているのか分かります。

 

まとめ

今回は、遊タイム狙いについてお話しました。

まとめると

1種2種混合機の高確率状態に移行する機種だけ狙う

ラムクリしていないお店であれば前日のデータと当日のデータで遊タイム狙いする

 

以上です。

やっぱり、効率にやらないと遊タイム狙いしている時に他のいい台を確保できないです。

また、遊タイム狙いってどうしても時間がかかるので、複数で立ち回る方がおすすめですね。

パチンコ情報について
スポンサーリンク
reanaをフォローする
目標は勝率アップ パチスロを楽しむためのブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました