パチンコの封入式について思う事 数年以内に移行の可能性が

スポンサーリンク
パチンコ情報について
スポンサーリンク

現在パチンコは、CR機からP機への移行が加速しています。

CR機は2021年11月末までで終了となる予定なので、今年はパチンコP機の時代に突入ということになります。

P機は、最初不安要素がありましたが設定付きから遊タイム付きに変化してかなり印象が変わりました。人気もでてきており、特に遊タイム付きの評判もまずまずと言った感じです。出玉面でもそこまでCR機と比較して見劣りするわけではなくて、今後パチンコの時代とも言われています。

そんな中、将来的にパチンコは封入式への移行が強くなっています。

今回は、パチンコ封入式についてお話します。

 

スポンサーリンク

パチンコの封入式とは

ゲーム制は、今のパチンコとほとんど変わらないと言われています。

ハンドルがあり、ハンドルを回すと玉が飛びます。

ただ、激的に変化する部分もあります。

遊戯者が玉を触る事がない

玉が内部で玉が巡回する感じ

下皿と上皿なくなる?

釘調整が出来なくなる?

設定付きメイン?

こんな感じで遊戯者にとっても今のパチンコと変わる部分が多くあります。

まず、玉を触る必要がなくなります。内部で玉が巡回する感じなので必要最低限度の玉で遊戯できます。そして、釘調整という概念がなくなる可能性があります。

この事から、お店の労働が減るというメリットがありますね。つまり、人件費の削減ができるのでお店としてメリットがある部分です。

 

さらに、ゴト対策も強化されている造りになっておりゴトが減る可能性があります。これもお店からするとプラス要素です。

 

気になるのが「釘という概念がなくなる」という部分です。

パチンコは、現在釘調整によって利益をコントロールしています。これがなくなる可能性があるので、釘調整とは別の利益コントロールが登場すると読んでいます。それが濃厚ですね。良く言われるのが「設定付きパチンコ」ですね。P機になってあまり人気がでなかったですが、釘に代わるとすれば設定しかないです。こうなると、メーカーもかなり造りこんでくれるので、P機の設定付きよりもかなり期待できます。

 

遊戯者とすると、釘による立ち回りができなくなります。

これは、プロをメインに大きな打撃になるでしょう。設定の立ち回りとなると、今までのように目で見て判断する事ができないので、投資が増えます。お店選びも今まで以上に大事になってくるので、パチンコの立ち回りが難しくなりますね。ただ、設定付きになるとプロと一般人が平等になりやすく、一般の人でも勝てる台を打てる機会が今まで以上に多くなるはずです。

 

パチンコは、回転数がスロットよりも少ないのでいくらプロでも設定推測ってけっこう難しいです。

 

現在の所、簡単に言うとこんな感じですね。

メリット・デメリットがありますが最終的にメリットの方が多いかなって感じです。

メダルが必要ないスロットの話題もあるし、今後さらに簡単に遊戯できるパチンコやスロットが増える可能性ってかなり高きですよね。

 

パチンコの封入式は数年以内か

業界関係者に聞いた話によると、「パチンコの封入式移行は数年以内」という可能性が高くなっているという事です。2021年に封入式パチンコがでるのはないかというのも噂としてあるし、どんどんこれらの噂が現実味がでてきたのかなって感じです。

開発している情報も多くあり、早ければ今年から来年ぐらいに新たな情報が出てくるでしょう。

 

どの業界もそうですが、コンピュータに頼っていく流れになっています。AI化もどんどん進んでいるしパチンコ業界もその流れにのってどんどんコンピュータ頼みの営業になっていくもしれませんね。

 

パチンコ封入式になると知っておきたい事

主に2つあります。

パチンコで勝つのが難しくなる

人件費の削減による影響

まず、釘調整がなくなり設定になってくると勝つのが難しくなります。

勝つ事は可能ですが、投資が多くなったりしてけっこく苦戦する人が増えてきますね。ただ、スロットメインの人かすると設定というのが共通部分があるのでパチンコに移行しやすいかもしれません。

 

次に、人件費削減ですね。封入式になると人が行う仕事が減るので結果的に人件費削減に走るホールも多くなりそうです。また、封入式パチンコに入れ替えるとなるとお金も必要ですしね。そうなると、アルバイトが減ったり、リストラなどもでてくるはずです。

パチンコってアルバイトの時給が千円以上なので、高時給目的の人にとって困るかもしれませんね。

 

まとめ

まだまだパチンコの封入式というのは、不透明な部分が多いです。

早ければ2021年から来年ぐらいに登場するという情報がありますが、なんともいえないです。

ただ、近い将来封入式になる可能性が極めて高くなっているのが現状ですし、水面下で台の開発なども行われている感じなので覚悟しておいた方がいいでしょう。

 

懸念点もありますが、メリットも多いので業界の未来を大きく変えてしまう可能性があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました