ミリオンゴッド凱旋で勝てない原因 勝てる立ち回りとは

スポンサーリンク
ミリオンゴッド凱旋AT・ART情報
スポンサーリンク

もう既に5号機はほぼほぼ撤去されていますが、その中でも一番長く旧基準機として置けるのがミリオンゴッド凱旋です。

5号機ATの中では、最後に撤去されるので今後もこの台で収支を上げていく事は可能です。ただ、ハイエナ台として優秀ですが、凱旋でなかなか勝てないという人も多くいます。

今回は、その原因と今後収支を上げていくためのコツをお話するので後半年ぐらい注目して打ってみてください。

 

ミリオンゴッドの撤去期限

まず、最初に凱旋がいつ撤去されるのかおさらいしておきましょう。

撤去期限は、「2020年11月16日」です。

 

これを過ぎるとみなし機となるので、即撤去になります。5号機は既にみなし機となればAタイプでも即撤去なので、全国的にみても多少差はありますが、この日に撤去になります。

 

新型コロナの影響で、旧基準機の撤去が多少遅れる可能性があるという情報がありますが、今の所そのような確定情報はないので予定通り撤去されるのが濃厚です。つまり、凱旋での立ち回りは今年の秋半ばまでとなるので頭の中に入れておきましょう。

 

ミリオンゴッド凱旋で勝てない理由

さて、本来であれば凱旋は期待値が高いです。

設定6の機械割が115%を超えており、さらに天井機能も優秀です。

また、朝リセット時は天井が1000Gになるので、かなり狙い目となります。つまり、設定・ハイエナどちらでも勝てる台なので本来であれば収支がでやすいです。

 

しかし、勝てない人も多く収支が安定しない人も多いです。では、なぜそうなるのかお話します。

 

○設定がほとんど入らないことが多い

ミリオンゴッド凱旋の設定6は、夢があります。機械割が高く、1日設定6を打てば+3000枚以上も十分視野に入ります。しかし、問題なのが設定状況です。

凱旋は、特定役の力が強くゴッド揃いや赤7などがあります。一撃性能も高いので低設定でも万枚狙える機種です。つまり、かなり機械割通りにならないので、荒れやすい機種ですね。

お店が設定を入れる理由としては、出玉をアピールするためです。しかし、凱旋の場合は、設定1でも出玉を十分にアピールすることができるので、わざわざ設定6を入れる必要がないです。設定1だけでも稼働率が高ければ何台かまとまった出玉を出してくれます。設定6所か、設定4以上ほとんどないというのが現状ですね。しかも、もうすぐ撤去されるので、余計に低設定運用が当たり前になっています

旧イベント日でも、ほぼ低設定と思っていた方が良いでしょう。つまり、設定狙いで勝てる機種ではなくなっています。たしかに低設定でも1日通せばかなりの出玉を確保できる事がありますが、長期的に見れば当然負けます。

 

唯一設定が期待できるのが、グランドオープンですね。さすがに、グランドオープンともなれば設定に期待できます。しかし、それ以外は低設定を打たされる可能性が極めて高いので設定狙いだと負けることが多いです。

○天井狙いの収支が荒れやすい

収支が荒れるのは、設定狙いだけではないです。

天井狙いも荒れやすいです。荒れる原因は複数あり

天井までの投資が多い

天井の恩恵が運次第

この2つです。

まず、凱旋は千円で20G前後しか回らないので、仮に700Gから打つと天井まで約800G回すことになります。つまり天井にいくまでに3万5千~4万ぐらい必要ですね。これは、他の機種と比較してもかなり多い投資額になります。

途中で当たる事があったり、特定役を引く可能性もあるので常にこの投資が必要なわけではないですが、それでも投資額が多いのは荒れやすいです。

 

そして、凱旋の恩恵が厄介です。

50%で80%ループをもらうことができますが、50%で1%ループになります。

つまり、80%ループの強力な恩恵をもらえるかは運次第ですね。2分の1の確率で80%ループですが運が悪ければ連続で1%ループを選択する可能性があり、悪く傾けば大幅に収支がマイナスです。

しかし、運が良ければ大幅に収支がプラスになる可能性も秘めています。収支がでない人は、この部分で悪い方向に偏っているか特定役が引けない人ですね。

 

この2つが原因で、天井狙いでも下手をすると長期的に収支が出ない事があります。このように、運が左右される荒れる機種はやはり収支が安定いない人が多いですね。

 

ミリオンゴッド凱旋で勝つためには

凱旋は、たしかに収支が荒れやすいですが実際にまとまった収支を上げている人も多いので、なるべく攻略したい機種です。

そこで、ミリオンゴッド凱旋で勝つためには「設定狙いは捨てる」事です。これは、設定に期待できないからです。つまり、天井狙い一本の立ち回りが必要不可欠です。

次に天井狙いの狙い目を上げることが必要です。

凱旋の期待値を紹介すると

ゲーム数期待値
7001004円
7501547円
8002150円
8502820円
9003564円
9504392円
10005312円

5.6枚交換で現金投資を例に出してみました。

等価交換の場合は、700Gでも期待値は高いですが5.6枚交換だと1000円ぐらいなのでかなり期待値が下がります。つまり、等価時代よりも狙い目を上げる必要があります。

通常であれば期待値2000円の800Gから打つというのが基本の狙い目ですが、凱旋は荒いので850Gから打つようにしましょう。なかなか拾えない場合でも、浅く打つと収支が荒れてしまうので、850Gから打つという事を徹底してみてください。

 

実際、凱旋は850Gから打った収支ですが私の場合は余裕で+収支になっています。勝率も比較的安定するのでこのラインがベストかなと思います。朝のリセット狙いはあまりしない方が無難です。朝一リセットをかける頻度は、少ないと思うのでリセット狙いは危険です。ただ、850Gから打つ場合でも多く台数をこなす必要があるので、短期的だと当然荒れます。

 

まとめ

今回は、ミリオンゴッド凱旋の負ける原因や勝つための立ち回りについて紹介しました。

まだ、半年ぐらいは打てるので今後も期待値を稼げる台です。ただ、負けやすい機種でもあるので、立ち回りを徹底して収支を上げる必要があります。

立ち回りをまとめると

設定狙いをしない

リセット狙いをしない

天井狙いは850Gから打つ

この3つだけで収支が安定します。これでも勝率はそこまで高くないですが、長期的に見るとまとまった収支を確保できる可能性があります。なかなか拾えない可能性がありますが、無理に打つよりは打つボーダーを上げて安定感を取る方がいいので、ボーダーを下げるような事がないようにします。

AT・ART情報
スポンサーリンク
reanaをフォローする
目標は勝率アップ パチスロを楽しむためのブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました