5スロを打つ時に行ってはいけないお店

スポンサーリンク
5スロ5スロ(低貸し)の攻め方
スポンサーリンク

低貸しスロットも人気があります。

2スロ・5スロ・10スロが主にありますね。この中で一番多いのが5スロです。

そこで、5スロを楽しみたいという場合に行ってはいけないお店についてお話します。低貸しは基本的に20スロよりも設定状況が厳しい事が多いです。

低設定のオンパレードというお店もあるでしょう。しかし、中間設定や高設定を入れてくれるお店も存在します。

今回は、低設定の可能性が高いお店についてお話しますね。

 

スポンサーリンク

5スロに新台が入る併設店

まず、低設定の可能性が非常に高いのが新台を入れてくれるホールです。

基本的に新台は20スロに設置します。併設店であれば20スロがメインになっているので5スロにわざわざ新台を入れるようなお店はそこまで多くないです。

新台は1台約40万円するのでこれを5スロで回収するのは厳しいですよね。特に併設店みたいな20スロがメインなお店だと20スロの方が稼働率が全体的に高い事が多いので新台も20スロに入れて上手く利益を取ります。

 

しかし、5スロにも新台を入れてくれるホールも存在します。例えば、バジリスク絆2が5台入る場合だと20スロに4台5スロに1台みたいな感じです。これは、5スロユーザーにとっては嬉しい事です。新台が低貸しで打てるわけですからね。

 

しかし、このパターンの場合はほとんど低設定スタートになります。先ほども行った通り新台は高いので低貸しで回収するとなると高設定なんて入れるわけにはいかないです。初日から設定1または2で放置しないと回収するのが難しいですよね。

 

つまり、5スロに設置された新台に設定が期待できないというわけです。ただ、新台が安く打てるという事で稼働が高くなる傾向が強いです。5スロユーザーも出来れば新台を打ちたいですからね。稼働がかなり見込めるので低設定放置でも十分売上を確保できるという事です。

 

新台が入るからいい店というのはちょっと早とちりですね。すべてのお店が当てはまるわけではないですが、実際近くの併設店で5スロに新台を入れるお店がありますが低設定の放置が多いです。グラフもほぼ毎日マイナスです。

 

このように、新台で釣られてしまうと5スロは負けることが多くなります

 

5スロの稼働が低いお店

次に、20スロでも言えますが5スロの稼働が低いお店です。

稼働1割や2割が普通だと当然ながら低設定の放置となります。リセットをかける場合でも1から1への打ちかえが多くなります。もしくは、前日天井近くでやめていた台ですね。これも期待値がプラスになるので次の日にリセットされることが多いです。

 

例え20スロの稼働が高いお店でも、5スロ自体の稼働が低いと設定が期待できないです。20スロでかなりの稼働がある場合は、それだけ利益を確保できています。しかし、基本的に20スロと5スロは別です。別々に売上と利益目標を立てているお店が多いですね。

つまり、5スロの稼働が低いお店は多くの場合低設定のオンパレードになるので稼働率を意識してお店選びをしましょう

 

周りにライバル店が少ない場合

さて、もう1つ注意しておきたいのがライバル店が少ないお店です。

ライバル店が少ない場合は、低設定でも自然と稼働が高くなりやすいです。また、周りにお店があっても5スロが設置されているお店が1店舗だと注意が必要です。

例えば

A店 20スロだけ

B店 20スロだけ

C店 20スロと5スロの併設店

このような状況の場合、3店舗あればお互いの競争が激しくなります。

しかし、5スロに限定するとC店しかないので低貸しユーザーはC店に集まる事になりますよね。つまり、C店からすると低貸しにおいては低設定でも自然と稼働が高くなるので高設定を入れる意味がほとんどないというわけです

 

その地域の環境も見てお店選びをしていく必要があります。

 

まとめ

今回は、5スロを打つ時に行ってはいけないお店について紹介しました。

こう見るとけこう5スロは厳しいように思えます。やはり、パチスロは20スロがメインになっているのが仕方がない事ですね。

ただ、今回紹介したお店を避けることによって勝機が十分にあります。

良く、5スロはすべてのお店が低設定ばかりとネットなどでも言われていますが、実際にそうではないです。5スロでも設定4や6の確定演出を見た事がありますし、実際に私も5スロを打った事があり確定演出を出しています。

つまり、20スロよりも大変だけど設定4以上を打てる可能性はあります。ただ、まずはまり期待できないお店には行かないようにしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました