バラエティの設定状況は?負け額を増やすだけ

スポンサーリンク
バラエティ雑談
スポンサーリンク

今回は、バラエティコーナーの設定状況についてお話します。

バラエティは主に1台しか設置されていない台の集合島ですね。どこのお店でもバラエティコーナーがあります。だいたい全部で40台前後が多いですね。

基本的に古い機種が多く、久しぶりに打ってみたい場合もありますがはたしてバラエティ台を打っていいのか今回お話します。

 

バラエティの設定状況は基本的に低設定

これは、どこのホールでも概ね当てはまりますがバラエティの設定状況は厳しいです。下手をするとすべてが「低設定」良くても中間設定が数台あるぐらいです。

なぜ、このような状況になっているのかお話しますね。

○人気がなくなった機種の集まり

まず、バラエティコーナーは人気がなくなった機種が多いです。前はメイン機種やサブメイン機種として活躍していたけど次第に稼働がなくなり台数を少なくしなければいけなくなった機種が多いです。

このような機種は、通常営業日の「稼働が見込めない」という欠点があるのでもし高設定を入れてしまいまとまった出玉が出てしまうと回収しにくいという事ですね。高設定を入れても今後稼働が高くなるかといえばそうでないのがバラエティコーナーです。

ほとんどのお客さんが、メイン機種を打っていますね。最低でも3台以上設置されている機種に目が向きます。少しでも良い設定を打ちたいからです。

バラエティコーナーをスルー人は、設定状況が悪いという事もありスルー人が多くなります。結果的に高設定を入れてアピールしても気づかれなかったり、気づいてその日打ってくれても稼働においてほとんどプラスにならないです。

これは、パチスロで良くあるパターンですが「稼働が見込めない機種には設定が入らない」という事を覚えてください。

 

○そもそも育てる必要がない

パチスロで高設定を入れるのはなぜかというと「稼働を高くして売上を確保するため」です。つまり、育てるために高設定を入れてアピールします。

しかし、バラエティの機種は今後稼働を見込めない、さらに稼働を期待しない機種の集まりです。仕方なく設置されている状態です。そのような機種は、育てる意味がまったくないので高設定でアピールするというのはお店の頭の中にはないです。

バラエティコーナーの中で、稼働が高き機種があればその機種にたまに設定4ぐらい入れてくれる可能性はありますが、ほとんど低設定です。今後、利益を見込めない機種に設定を入れないのは当然です。

○撤去する機種が多い

最近は、新台入替のスピードが早いですよね。

月に2回ぐらいは新台入替があります。そのうちの1日はまとまった台数が導入されますね。当然、台数が少ない機種、今後利益が見込めない機種から撤去されます。つまり、バラエティコーナーから撤去するようになります。

バラエティコーナーの機種は、近々撤去される機種が多くそのような状態になると低設定で少しでも利益を取りに行くスタンスに変わります。仮にメイン機種に高設定が多数入れるお店でもバラエティコーナーの設定は期待できない事が多いです。

 

このように、設定を入れない理由はいくつもあるのでわざわざバラエティコーナーを責めると負け額が膨らむだけです

 

バラエティに設定が入る日

バラエティは、基本的に設定1または2です。

おそらく設定1だと思いますが。

ただ、年中低設定かといえばそうではないですね。バラエティでも高設定や中間設定が入る日が存在します。それが、「旧イベント日」「年一イベント日」「リニューアルオープン」「グランドオープン」です。

特にリニューアルとグランドオープンは少しでもお客さんに優良店と感じてほしいのでバラエティにも設定を入れます。こういった稼働が高い日は、バラエティも終日満席になる事が多いです。つまり、多少高設定を入れてもまったく問題ないです。

さらに、バラエティにも設定を入れるお店と感じてもらえて今後バラエティの稼働が伸びる可能性もありますね。このように、バラエティの稼働が極めて高くなる特別な日は設定が入る事があります。

ただ、お盆やお正月、大型練習などは例外です。これらの日もバラエティでも稼働が高いです。しかし、これらの連休などは稼働が高くても低設定になっていることが多いです。

 

わざわざ旧イベント日にバラエティを狙う必要はない

旧イベント日などには、バラエティでも設定4以上が期待できます。もちろん、あっても一割ぐらいでしょう。

自分の好きな機種がバラエティにあると、思い切って旧イベント日にバラエティを責める人もいます。しかし、それはリスクが高いですね。メイン機種の方が圧倒的に高設定の数が多いので、わざわざ高設定が少ないバラエティを責める必要がないです。

せっかく設定が期待できる日は、やはりメイン機種を打つ方が良いでしょう。もちろん、通常営業日もメイン機種ぐらいにしか高設定が期待できないのでメイン機種を責めることになります。

 

結論的に年間でバラエティを打つ機会はないです。負けたくない人はバラエティを打たないようにしましょう。

 

まとめ

今回は、バラエティの設定についてお話しました。

メイン機種よりもかなり設定状況が悪いです。下手をすると、年中オール低設定のお店御あるぐらいですからね。

勝ちたいのであれば

バラエティに目を向けない

良い台があっても打たない

この2点を意識して立ち回りを行ってください。

雑談
スポンサーリンク
reanaをフォローする
目標は勝率アップ パチスロを楽しむためのブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました