パチンコ店員と仲良くなるのも勝つためのコツ

スポンサーリンク
雑談
スポンサーリンク

今回は、パチンコ店員とどう付き合っていけばいいのかお話します。

日頃から店員と話している人もいると思いますが、別に店員と最低限度しか話さなくてもOKです。そもそも、半数ぐらいの人って店員とわざわざ雑談とかしないと思います。それよりも、遊戯に集中ですね。

店員と仲良くならなくても、マイナス要素はないです。ただ、できれば仲良くなって雑談ができるぐらいになった方がいいです。その点についてお話します。

 

店員と仲良くなるメリット

では、パチンコ店で店員と仲良くなるメリットをお話します。

○上手く行けば良い情報を聞く事ができる

まず、メリットの1つが情報です。

今は、イベントとか禁止なので情報不足ですよね。昔は、熱いイベント告知があればそのイベント行くというスタンスでしたが今だと特定日・新台・ライター実践ぐらいしか期待できるような日ってないです。

でも、それ以外の日でも特定の機種に高設定を多く使うお店もあれば、特定日でも一番熱い日を決めているお店もあります。それらの情報を自然な形で教えてくれる可能性もあります。

 

例えば、「今後の特定日はけっこう力を入れている」とか「今度から5日はジャグラーに力入れようかな」とかちょっとしたヒントを教えてくれる可能性があります。もちろん、設定について知っているのはおそらく主任以上なので主任や店長クラスの人と雑談できるぐらいになるとちょっとした良い情報を聞き出す事も可能かもしれません

 

次に平社員やアルバイトからも良い情報を聞く事ができます。

例えば「今日店長が○○に力入れているって言ってたよ」とかですね。

事務所内のミーティングの話なども教えれくれる可能性もあります。

これらの情報は、今の環境だとたまにしか教えてくれなかったり、まったく教えてくれない事も多いです。ただ、まれにヒントを教えてくれるお店があるので情報収集の上で店員と店内で仲良くするのはありですね。

 

○大目に見てくれることがある

店員と仲良くなれば、その店員から大目に見てくれることがあります。

例えばパチンコだと「止め打ち」ですね。止め打ちを禁止しているお店もありますし、ハンドルを物で固定というのも禁止していることが多いです。ハウスルールを守らなければ注意されて、数回行うと出禁になります。

しかし、仲が良い店員であればハンドル固定を3回してるのがばれたのに大目に見てくれて出禁じゃなくて注意だけで終わる事があります。また、止め打ちが禁止されているお店だと、少しの止め打ちなら大目に見てくれたりもあります。

 

このように、あなたに対して優しく接してくれるというのも実際にあるので、仲良くしておくのはいいことですね。ただ、いくら仲が良くても何度もハウスルールを守らない行為をするとさすがにアウトです。さらに、行きすぎたルール無視だと仲が良いとか関係なしに厳しく対応されるケースもあるので注意します。

 

例えば、台パンや掛け持ちなどですね。これらの行為に関しては、かなりお店側も厳しいです。

○暇つぶしになる

店員と仲良くなる事によって、ちょっとした暇つぶしになります。

例えば打ちたい台がなくて待機している時って暇ですよね。そういう時に店員と雑談したりするのも1つの楽しさだと思います。

 

また、自分の台が不調の時に店員に「もう今日全然引きがないわ」とか愚痴を冗談で伝えたりするとちょっとだけ気が収まります。ただ、愚痴などを言う時はあくまで冗談半分で言うようにいましょう。真顔で「全然でんな」とか言うと店員もちょっと恐怖を感じたり、あまり話したくないなって思うのでその点注意します。

 

まとめ

今回は、店員と仲良くするメリットをお話しました。

別に無理して話す必要はないですが、仲良くする事によってちょっとした利点があるので覚えておきましょう。

まとめると

ちょっとした得する情報を教えてくれる可能性がある

ちょっとしたルール違反を大目に見てくれることがある

暇つぶしになる

この3つですね。

ただ、店員と頻繁に話して仕事の邪魔をしないようにします。また、店員とついつい雑談ばかりしていると期待値がある台を見逃したり、稼働時間が短くなるのでその点も注意します。

雑談
スポンサーリンク
reanaをフォローする
目標は勝率アップ パチスロを楽しむためのブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました