沖ドキ通常B狙いはやめた方が良い 沖ドキの勝ち方

スポンサーリンク
沖ドキAT・ART情報
スポンサーリンク

今日は、撤去期限が延長になった沖ドキについてお話します。

本来であれば2020年6月1日に撤去される予定でしたけど、「2020年12月31日まで設置できる」ようになりました。

つまり、今後半年ぐらいは沖ドキで収支を上げることが可能です。非常に荒い機種ですが、連ちゃん性能が優れておりモード狙いや天井狙い、リセット狙いで稼いでいる人も多いです。

そこで、今回は沖ドキの勝ち方をもう一度振り返ってみましょう。

 

スポンサーリンク

通常B狙いは辞めた方が良い

沖ドキといえば「通常B狙い」ですね。

沖ドキの売りは、「天国モード移行時の連ちゃん性能」です。天国に移行すれば70%前後で32G以内の連ちゃんが確定します。奇数設定の方が連ちゃん性能が優遇されていますね。これにより、天国に移行すれば相当な期待値を稼ぐことができます。

また、ドキドキモードなど高継続率を誇っているモードもあるので、通常B狙いというのはけっこう有名です。実際に、プロの方で通常B狙いをしている人は沢山いました。

 

ただ、個人的には通常B狙いはおすすめできないです

沖ドキの特徴としては

モードが転落しないという

この部分ですね。例えばモードBからモードAには移行しないという事です。モードBから天国移行率は概ね50%あるので通常Bに行けば、天国がもう間近というわけですね。天国スルーしている(単発が続いている)とモードBに滞在している可能性が高くなるので、天国を4回以上スルーしている台を狙うと期待値があるというわけですね。

 

ただ、天国をけっこうスルーしている台でもずっと通常Aに滞在している可能性があります。そういう台を打ってしまうと当然天国行くまでに投資がかさみますね。沖ドキの通常B狙いは基本的に天国に行くまで打つ事になるので、通常Bだと思っていた台が通常Aだとかなり致命傷になります。

さらに、通常Bにいても運が悪ければなかなか天国に移行しない事があります。

 

このように、通常B狙いはちょっと運が悪ければ「投資がかなり多くなる」というデメリットがあります。いくら天国の連ちゃん性能が高いといっても、偶数だと約66%ぐらいなのであっけなく終わってしまうこともあります。ゾーン狙いで3・4万負けるなんてしゃれにならないのでリスクが高い沖ドキの通常B狙いはやめるべきです。

 

設定狙いは設定6狙いだけ

連ちゃん性能が高い沖ドキですが、「実は機械割が低い」です。

設定6でも107%ぐらいしかないです。要はノーマル並ですね。設定5だと106%ですが、設定4だと104%ぐらいです。しかも沖ドキは荒い機種なので、1日単位では機械割通りになるなんてけっこう厳しいです。

 

荒くて機械割が低めなので、「設定狙いに向いていない」ということになります。

狙うなら設定6になりますが、余程沖スロに力を入れていないホールだと設定6を打つなんて困難です。沖ドキの設定狙いをするのであれば愛知など沖スロに力を入れている県の旧イベント日に狙ってみるしかないです。

 

というわけで、ほとんどの県では沖ドキの設定狙いはするべきではないです。

 

沖ドキの勝ち方はリセット狙いと天井狙い

沖ドキでリスクなく収支を上げたいのであれば、「リセット狙いと天井狙い」です。

まず、沖ドキがリセットされると「チャンスモードに33%で移行」します。

チャンスモードの特徴

天井が200G

ボーナス当選率が飛躍的にアップ

次回モードが通常B以上

この3つの特徴があります。

チャンスモードから天国移行率は高くないですが、通常Bには移行するので天国まで近いです。通常B狙いよりは、リセット後のチャンスモード狙いの方がリスクがないという事です。

ただ、リセット後必ずチャンスモードに移行するわけではないです。5割強は通常Aになるので見極めが必要です。チャンスモードの特徴は、初当たりが早いという事です。完全に見分けるのは困難ですが、リセットをするお店で早い当たりが見られた台はチャンスモードに滞在している可能性が高くなります。

リセット狙いの条件は「リセットしてくれるお店で打つ」というのが大前提なのでお店選びが非常に重要です。

ちなみにリセット狙いは、チャンスモードでなければ即止めです。チャンスモードの場合は、ボーナス確率が飛躍的にアップしているので100G以内で当たる可能性が高いです。50G以内で当たればチャンスモード滞在率がアップします。

 

次に天井狙いですが、天国を数回スルーしている台で700G以上はまっている台を打つだけです。天国を数回スルーしている台であれば通常Bの可能性があるので、狙い目となります。沖ドキの場合は、天国数回スルーしている天井狙いが一番リスクがないのでおすすめです。

 

まとめ

今回は、設置期限が延長された沖ドキの勝ち方をお話しました。

簡単にまとめると

通常B狙いはしない方が良い

設定狙いは極めて沖ドキに力を入れているホールのみで行う

リセット狙いはおすすめ

天国数回スルーしている天井狙いはリスクがない

ざっとこんな感じです。

沖ドキといったらどうしても通常B狙いが基本になります。しかし、リスクが高い立ち回りなので収支が荒れやすいというのが難点です。リスクをかけずに勝率を上げていくのも大事なので、沖ドキの良い部分だけを狙っていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました