勝っているとパチンコ店にマークされる? 目立つ人は要注意

スポンサーリンク
収支表雑談
スポンサーリンク

勝つ立ち回りをマスターすると、パチンコやスロットでコンスタントに勝つ事が可能です。

パチスロであれば、設定狙いのスキルが上がりさらに天井・ゾーン狙いもできるようになると収支が安定していきます。

ただ、1つのお店でがっつり勝つようになると逆にマイナスになってくることがあります。それがお店にマークされる可能性がある事です。

今回は、その点をお話します。

 

スポンサーリンク

勝つ頻度が高くなるとお店にマークされることも

要するに生活ができるレベルに勝てるようになると、「店長などからマークされる」事があります。

勝つ立ち回りというのは、他のお客さんだけでなくてお店から見ても目立つようになります。例えばハイエナで長時間ホール内を巡回しているとあきらかに天井・ゾーン狙いだということが分かります。

お店もそれが勝ち方の1つだと認識しているので、この人は勝っているなと感じるわけです。また、設定狙いにおいても特定日に積る頻度が多かったり、通常日に高設定に座ることが多くなると当然勝つという意味で目立ちます。ほとんどのパチンコ店がなるべくいろんな人に高設定を積ってほしい考えがありますが、その中で一人のお客さんが高設定を打っている頻度がやたら多いと当然気になりますね。

 

 

このように、勝つのが目立つようになるとお店にマークされることになります。

要は「プロ認定される」というわけですね。別に気にしないお店もありますが、プロを気にするお店も多くあるのでもしプロを嫌っているホールであれば今後の立ち回りにマイナスになります。

例えば

高設定の配置が変わり積りにくくなる

ハイエナしていると注意されるようになる

少しハウスルールを破るだけで出禁になる可能性がある

この3つが主にあります。

マークされると、あなたがどのような機種を狙っているのか会員カードの遊戯履歴やカメラなどで調査されることがあります。そうなると、お店側としても対処は簡単です。

 

さらに、ハイエナしていると注意されたりなど立ち周りに支障が出たり、ちょっとハウスルールを破っただけで出禁になる可能性があります。

常連のお客さんには甘いのに、プロには厳しいお店も実際にあります

このように、勝てるようになると楽しいですが逆にお店からげ嫌いされる可能性があるという事を認識しておいてください。

 

目立たないようにするためには

まずは、1つのお店だけで立ち回らないようにする事です。

1つのお店で勝つ立ち回りをしていると、どうしても目立ちます。お店側もどの人が勝っているのか、立ち回りが上手いのかなんて簡単に把握できますからね。特に会員カードを持っている人はある程度の収支をお店に把握される可能性があります。

 

ただ、複数のお店で立ち回れば目立たないようにできます。特にハイエナ行為はかなり目立ちます。ホール内を巡回しますからね。店長クラスもたまに監視カメラなどで確認してくるのでハイエナ行為を1つのお店だけで沢山やるというのはおすすめできないです。

設定狙いよりもハイエナ行為が一番嫌う傾向が強いので、ハイエナをするのであれば定期的にお店をかえるようにしましょう。また、他のお客さんからクレームがくることもあります。そうなるとお店側も対処しなければいけないですからね。

 

軍団はかなり目立つ

また、ピンで活動するよりも軍団で勝つ立ち回りをする方が目立ちます。

例えば複数で特定日に設定狙いをしたり、パチンコで回る台を独占するような立ち回りです。これらの行為は目立つので、すぐにプロ認定される可能性があります。

 

パチンコであれば止め打ちなどをチェックされる可能性が高く、注意を受ける可能性があります。パチンコで止め打ちは出玉面でかなり重要ですが、マークされなければ上手くごまかしながらできますが、マークされるとカメラや店員でチェックされてすぐに止め打ちしているのがばれます。

 

お店にマークされたくないのであれば、軍団ではなくて一人で立ち回る方がおすすめです。

 

会員カードを持っていなくても要注意

会員カードを持っていなくても、勝つ頻度が高いとすぐに勝っているのがばれます。

幹部クラスは、朝にどんな人がどのような立ち回りをしているのかチェックしていることがあります。また、特定日であれば高設定にどんな人が座っているのかも確認することがあります。

つまり、頻繁に朝から高設定を積っているとマークされやすいです。また、ガックンチェックなど朝一変更確認行為は目立ちます。これもお店側からするとあまり好まれた行為ではないので、すぐにマークされる可能性があります。

 

実際私は、会員カードを持っていない所をマイホールにしたことがあり、勝つ立ち回りを念入りにしていました。そんな時に店長クラスの人から「ぜったい勝ってるでしょ?」と笑いながら言われた事がありますね。

 

このように、けっこうお店側は勝っている人に注目することがあります。プロを嫌っていないお店であればまったく問題ないですが、プロを嫌っているお店であればなるべくプロ認定されないようにしなければいけないです。

 

まとめ

パチンコ店もさまざまな人に勝ってもらいたい気持ちが強いです。

つまり、特定の人ばかり勝っているというのはあまり好ましくないので、1つのホールでがっつり勝っている人はマークされやすいです。高設定の配置が変わったり、すぐに注意されたりなどの支障がでることもあるので、なるべく目立たないように勝っていく必要があります。

1つのホールだけで立ち回るとどうしても目立ちます。しかし、複数のホールで立ち回るようにするとそのリスクを回避できます。月に半分同じホールに通うとどうしても店員などに覚えられるので、1つのホールの出勤は月に10日未満がベストですね。そのためにも、優良店を複数探すようにしてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました