パチスロ旧基準機撤去日が延期か 5号機はいつまで設置できる?

スポンサーリンク
業界情報について
スポンサーリンク

パチンコ店は、新型コロナウイルスの影響でかなりの打撃を追ってしまいました。

ほとんどのホールで、休業要請が出てしまい2週間以上休業したホールが多いです。特にゴールデンウィークに営業出来なかったのが売上・利益の面で痛いですね。

そんな中、いくつかのパチンコ店が閉店や倒産などをしてしまいました。

今後も厳しい状況が続く中で、1つの良いお知らせがあるので今回お話していこうと思います。

 

5号機の撤去期限が延長

パチンコ業界は、非常に苦しい状況になりました。

これは、ホールだけでなくて部品などが届かずに不足しているメーカーにも言える事ですね。実際、6号機アイムジャグラーなどの一部の機種が延期になっています。

そこで、パチンコ・パチスロ業界の6団体を初めとして旧基準機の撤去日を延期してほしいという事を警察に伝えた見たいですね。その結果「5号機や旧規則のパチンコ台などの延期が濃厚」になっているようです。

 

おそらく詳しい正式な情報は近々発表されるみたいなので延期はほぼ確実と言えっていいでしょう。

そこで今分かっていることをちょっとお話していきます。

旧基準機の延期について

①高射幸性パチスロ

撤去日:検定・認定期日まで

②旧規則のパチンコ甘デジ・パチスロノーマルタイプ

撤去日:7か月延長

③上記以外の機種で2020年12月31日までに検定・認定切れとなる機種

撤去日:2020年12月31日

④有効期限が2021年1月1日~1月31日まで検定・認定がある機種

 撤去日2021年11月30日

 

以上が情報としてあります。

けっこう信憑性がある情報なので、詳しい条件などはまだあると思いますがだいたい上記の通りとなるようですね。

 

これによって5号機の看板機種であるジャグラーやハナハナの設置期限が伸びたのでホールとしても良いお知らせになります。

 

5号機の旧基準機の撤去日は?

気になるのが5号機の旧基準機ですね。

主にあるのがミリオンゴッド凱旋・沖ドキ・サラリーマン番長

この3機種です。他にも設置台数が少ないけどまだ射幸性が高い機種があります。

 

まず、上記のように高射幸性旧基準機に関しては、撤去日は従来通りになります。つまり、これらの機種に関しては延期の処置が取られないです。

つまり撤去日は

サラリーマン番長:8月

黄門ちゃま渇:10月

ミリオンゴッド凱旋:11月

となります。

つまり、出玉感がある5号機の撤去日は変わらないので注意しておきます

ただ、問題になるのが「沖ドキ」ですね。

実は、沖ドキは高射幸性リストに載っていないです。つまり、沖ドキは「2020年12月31日」まで設置できます。

沖ドキは、6月に認定が切れるので③に該当します。

せっかく沖ドキ2が出るのに、延期となればちょっと沖ドキ2の稼働状況が気になりますね。

 

5号機ジャグラーやハナハナはいつまで?

ジャグラーやハナハナは延期されます。

延期期間は、機種によって違っており7ヵ月から2021年の11月31日までです。

これがちょっとややこしくなており

ジャグラーやハナハナは、②に該当するので7か月の延長になります

・ニューアイムジャグラーEX-KT

・ニューキングハナハナ

・ゴーゴージャグラー2

・ゴーゴージャグラー

・マイジャグラー4

・マイジャグラー3

・ファンキージャグラー

・ニューアイムジャグラーEX-KA

・アイムジャグラーアニバーサリー

・スーパーミラクルジャグラー

・グレートキングハナハナ

・ハナハナ鳳凰

・グレートキングハナハナ

・アイムジャグラーEX-AE

・ツインドラゴンハナハナ

以上が主な機種になります。

このように、機種によって撤去延長期限が違うので確認しておいてください。

でも、ノーマルタイプや5.5号機などがけっこう設置期限が延長されるのでこれはホールとしてもメリットが大きいです。もちろん、5号機が好きなユーザーも良い情報と言えます。番長3なども延期されましたからね。

 

5号機延長による問題点

今回は、5号機の大半が延長処置が取られました。

まぁ、凱旋やサラリーマン番長などは一撃性が高いので延期されなかったのは仕方がないです。しかし、番長3などの5.5号機は多くが延長されます。また、5号機ジャグラーが延長されたのが大きいですね。

しかし、この延期で問題点もあります。

まず、6号機の稼働に影響します。

例えば、沖ドキが延長という事は沖ドキ2の稼働に影響します。沖ドキがある中で沖ドキ2をわざわざ打つ人はあまりいないですよね。新台扱いされている間は、沖ドキ2の稼働が期待できますが、それを過ぎると通路になる可能性が高いです。

また、6号機のジャグラーも同じですね。一応6号機のジャグラーは、5号機のアイムジャグラーと交換みたいな形になるのでそこは北電子も考えていますね。しかし、5号機のファンキーやマイジャグラーなどがある中で稼働がどうなるのか気になります。

特に6号機のマイジャグラーやゴーゴージャグラーなどが出た時には、稼働が思うように伸びないかもしれません。

このように、6号機の稼働が思ったよりも今後もしばらく伸びない可能性があるので、設定状況も厳しくなるのでという懸念があります。ホール側が5号機のベースを下げて、6号機に力を入れるスタンスであれば問題ないですが、5号機メインの稼働ホールであれば6号機の設定は期待できないです。

 

まとめ

今回は、5号機の撤去期限が伸びるというお話をしました。

メリット・デメリットがありますが6号機を敬遠している人からすればかなり良い知らせと言えますね。

 

延期といっても機種によって違います。最大で2021年の11月31日までですが、各機種の撤去期限は確認しておくべきです。ただ、凱旋やサラリーマン番長は延期されないのでどの道ホールとしてこの部分は痛いです。

 

業界情報について
スポンサーリンク
reanaをフォローする
目標は勝率アップ パチスロを楽しむためのブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました