特定警戒地域以外のパチンコ店は5月7日から営業可能

スポンサーリンク
業界情報について
スポンサーリンク

現在は、多くのパチンコ店が営業自粛をしています。

これは、政府や県からの要望によるものですが、この要望が5月7日からちょっと変わります。

あくまで「特定警戒地域以外の都道府県に限定」されますが、5月7日から娯楽施設や商業施設などの営業が許可されたようです。ニュースにも既に多く取り上げられていますね。

これにより、パチンコ店も多くの都道府県で5月7日または11日から営業を再開する所が多いので、今回その点についてお話します。

 

スポンサーリンク

特定警戒都道府県について

まず、現在の特定警戒都道府県について理解しておかなければいけないです。

この地域では、引き続き多くの娯楽施設や商業施設で臨時休業となるからです。つまりパチンコ店も営業自粛が続くでしょう。

特定警戒地域5月4日現在

北海道・茨城・千葉・埼玉・東京・神奈川・石川・岐阜・愛知・京都・大阪・兵庫・福岡

以上になります。

つまり、これらの地域以外で規制が緩和されることになります。

上記の地域では、県知事の判断によりますが概ね5月31日まで規制が続く可能性があります。ただ、15日から段階的に緩和するなどの地域もあると思うので、何ともいえない状況ですね。

とりあえず、特定警戒地域以外ではある程度以前のような生活に戻りますが、それでも感染のリスクは引き続きあるのでなるべく自粛しなければいけないです。

 

パチンコ店営業の規制緩和の条件など

パチンコ店でも、多くのお店で5月7日から営業が再開します。

ただ、県によっては土日後つまり5月11日から営業を許可する場合もあります。例えば新潟県が5月11日からですね。

 

また、営業再開の条件などもあります。

マスクの着用

台の音量を最小限度にする・施設内で大声を出さない

遊戯者と遊戯者の間隔を2メートル開ける

などですね。他にもあるかもしれませんね。

また、遊戯が終了した台の消毒の徹底も含まれています。つまり、遊戯者が遊戯を終了した場合、次の人が着席するまでに消毒をするという事ですね。これらの条件があるので、店員の仕事が増えますし、遊戯者もすべて把握して理解した上で遊戯しましょう。

 

この中で気になるのが、遊戯者と遊戯者の間隔を2メートル開けることですね。

おそらく1台置きに電源を落として間隔を開けるようになるでしょう。政府からの指示ですが、最終的に県が決めると思うので各都道府県のパチンコ店の営業再開の条件などをしっかりチェックします。また、自分が行くマイホールに問い合わせて聞くというのでもいいでしょう。

後は、マスクをしっかりと着用します。マスクを着用しなければ入店できないような可能性もあるからです。

 

ざっとこんな感じなので、5月7日から遊戯する人は知っておいてください。

 

設定状況はあまり期待できない

5月7日から多くの県でパチンコが営業することになりますが、気になるのが設定ですよね。

残念ながら期待できないでしょう。このことに関しては前回もお話しています。

営業自粛後のパチスロの設定(新型コロナ)
今後のパチンコ業界に影響すると言われる全国の緊急事態宣言が5月31日まで延期しました。 特に特定地域に指定されている地域では、今まで通り80%自粛を目標にするのでパチンコ店の営業も伸びる可能性が高いです。 しかし、その反面特定地...

 

ただ、思ったよりも早く営業再開するのでお店によるダメージがやっと抑えられる感じですね。しかし、間隔を2メートル開けなければいけない場合だと、すべての台の電源をいれることができないです。概ね半分の台が電源を切る事になります。

つまり、通常通りの売上が見込めないのでこの点が設定に影響してくると思います。元々稼働率が5割未満であれば影響ないですが、稼働が高いホールだとやはり影響があるでしょう

設定に関しては、予想不可能な状況ですが基本的に設定のベースが下がる事が予想できるので遊戯する人は慎重に見極める必要があります。

また、再び感染者が増加するとすぐに規制されると思うので、今回の規制緩和が一時的になる可能性もあります。それを考えると、お店側もなかなか設定を入れて還元していくというのは難しいと思います。

 

まとめ

今回は、特定警戒地域以外での規制緩和についてお話しました。

多くの件でやっとパチンコ店が営業再開という事で、けっこうお客さんが来店する可能性があります。特に5月9日と10日の土日ですね。

その反面、感染のリスクが心配になるのでそこをどうお店側がしっかり対策するのか注目です。県によっても営業再開の条件が違うので、いろいろと不透明な所がありますがとりあえず規制緩和するという事です。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました