ニューハナハナゴールド30の設定判別・解析・立ち回りについて

スポンサーリンク
ニューハナハナゴールド新台・天井狙いの立ち回り
スポンサーリンク

ハナハナの新台情報です。

遂にハナハナが6号機デビューです。

名前は「ニューハナハナゴールド30」です。

 

ハナハナは、5号機の沖スロを活気づけてきましたが6号機でも期待できる機種として注目されています。

そして、いよいよ第1号が登場します。

当然、6号機仕様になっているのでボーナスやベースなどが5号機と違っています。

ただ、見た目は5号機ハナハナと同じですし、演出なども違和感がないので期待が持てそうです。

 

スポンサーリンク

基本情報について

メーカーパイオニア
タイプノーマルタイプ
千円ベース約48G
導入日1月12日
導入台数初期約5000台

大きく違う点は、ベースですね。

5号機ハナハナは約35G~38Gでした。

しかし、6号機になると48G回るので、ベースがかなりアップしています。

初期台数は約5000台なので、増台するまでは限られた店舗だけになりそうですね。

6号機ハナハナという事で、お店も気合い入れてくると思うので初日から高設定に期待したい所です。

 

基本スペック面

設定BIGREG 合算機械割
11/2971/4961/18697%
21/2841/4581/17599%
31/2731/4251/166101%
41/2621/3971/157103%
51/2511/3701/149105%
61/2401/3441/141107%

ボーナス合算は、5号機とあまり大差ないですね。

ジャグラーみたいに、合算が軽くなるような感じではないです。

ベースがお幅にアップしているので、それで補える感じです。

 

低設定の機械割に関しては、普通ですね。

決して悪くないです。

5号機よりも少し良くなっている印象です。

ただ、気になるが設定6の機械割です。

アイムジャグラーよりも少しだけ良いだけなので、この通りの機械割であるならば5号機ハナハナよりも出玉的に落ちてしまう懸念があります。

 

ただ、設定4・5の機械割は普通並ですなので遊べる仕様になっている感じです。

リール配列について

リール配列

 

ボーナス情報について

BIG枚数・・・224枚

REG枚数・・・112枚

5号機と比較すると、当然落ちています。

これは規制の兼ね合いなのでしょうがないです。

ただ、REGでも112枚なのでベースを考えると助かりますね。

 

設定判別要素について

○REG中のサイドランプの色

REG中に、左リール「スイカ・白7・スイカ」びた押ししてスイカを揃えた場合は、サイドランプが発光。

この色で、設定示唆を行っています。

詳細は入り次第お伝えします。

○パネルフラッシュ

ボーナス終了時には、台上部のパネルがフラッシュ。

このフラッシュの色で設定示唆。

○BIG中のスイカ

本気も、BIG中のスイカの確率が設定毎に差がある可能性が高い。

 

天井情報について

・本機は天井なし

 

動画

ニューハナハナゴールド 30 ティザーPV

 

まとめ

今回は、ニューハナハナゴールドについてお話しました。

まだ、設定判別要素など詳しい事が分からないです。

 

 

ただ、スペック面を見る限り、ベースが飛躍的に上がったという事ですね。ボーナス確率はほとんど変化なしで、ボーナスの枚数が減りました。

機械割は、設定6以外は申し分ないです。設定6が少し落ちてしますが、そもそもメインは設定2~5なのでそこまで気にする必要はないでしょう。

ジャグラーと同じくハナハナも6号機の登場でどうなるのか楽しみですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました